人気ブログランキング | 話題のタグを見る
excitemusic

お茶、その他についての、極く私的なブログ
by tamon
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
検索
最新のコメント
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
以前の記事


宗徧流の庵号と、宗旦宗徧の茶杓


千宗旦と、その愛弟子山田宗徧のお話しです。

最初に、宗徧流のホームページから引用します(私が、補足省略をしています)。

 ***

流祖初代山田宗徧は、宗旦から、利休伝来の四方釜を贈られ、大徳寺翠巌(すいがん)和尚から「四方庵」という額が与えられ、この時から宗徧は「四方庵宗徧」と名乗る。さらに、宗旦は、古渓和尚筆「不審庵」の額と、玉舟和尚筆「不審」に、偈を宗旦自らが書いた軸と、自筆の「今日庵」の書を与え、宗徧に「不審庵」「今日庵」の庵号を両方とも使うことを許した。

 ***

ここで、私が気になることは2点あります。四方釜を貰い「四方庵」と称したということ。今一つが、「不審庵」「今日庵」の称号を許されたこと、です。

以前、私は、江岑夏書6(四方釜)の解釈で江岑夏書を読んでみましたが、宗徧さんは言及されていませんので、話が食い違います。そうすると、宗徧さん側のことは、いつどういうタイミングでのお話しでしょうか。或いは逆に、江岑夏書の信憑性への問題に波及するかもしれません(江岑は伝聞であり、その場に立ち合ったわけではないですから)。

次に、家元としては現在「茶道宗徧流不審庵」とホームページ記載されています。「四方庵」「今日庵」ではないです。その選択の経緯も興味があります。

若い頃の私はこの同じ庵号ということが受け入れがたく、それは初代の宗徧さんに許したことであり、次代以降はそれぞれ許可を貰いに行くべきではないか、等と不遜なことを思っていました。しかし、この歳になると、そういうものだったのだし、印可であり暖簾分けなのだから、考え違いも甚だしいと感じます。若気の至りとはいえ、私のような外野が失礼なことを思い、恥ずかしい限りです。


話変わって、信頼関係の強い師弟の話しとしての茶杓があります。一本の竹を割って二人それぞれが茶杓を削って作ったという話が興味深いです。田中仙樵さんの書かれたものを引用すると、

 ***

しあげると、宗徧の削り口を見て、宗旦は感嘆し、即座に自身のに「如是」とし、宗徧の作に「我聞」と銘じたという

 ***

この茶杓の逸話の出どころはどこなのでしょうか。又、茶杓は残っているものなのでしょうか。あれば拝見してみたいものです。


田中仙樵: 図説茶道大系7茶に生きた人(下)角川書店s40。p149



More
# by tamon1765 | 2023-03-15 21:25 | 茶杓 | Trackback | Comments(1)

井伊直弼の「着歌」

井伊直弼、31歳で詠んだ「着歌」といいますが、私には未だ理解不能。メモだけしておきます。


茶非茶  散りかかる池の木の葉をすくい捨て底の心も潔き哉

非非茶  騒がしき軒のあられもないとひそ閑かなる夜の友ならずやは

只茶耳  いづくにかふみもとむらんそのままに道にかなへる道ぞ此の道

是名茶  あらはれて見えばこそあれ峰の花谷のつつじもへだてあらじを


意味どころか、読み方もあやふやです。以下で如何でしょうか。

茶は茶に非ず/ 茶に非ざるに非ず/ ただ、茶のみ/ これを茶と名づくる


# by tamon1765 | 2023-03-14 09:24 | 井伊直弼さん | Trackback | Comments(2)

茶話指月集は、何話なのかという課題


過去に、「茶話指月集は、全58条」という記事を書き込みました。

先日、淡交社『現代語でさらりと読む茶の古典 茶話指月集、江岑夏書』を漸く入手しました。大変参考になり、有難いことです。一方、江岑夏書については、今後この本を基に再読できるかと思うと楽しみです。

それはさておき、

茶話指月集については、谷端昭夫氏の解説では、収録茶話は本編が62話、付記が45話とあります(p107)。この本では、■のしるしが氏の言う本編数と思いますが、どうも59しかないようなのです。岩波文庫(熊倉氏は58条と言及)と本文を比較してみると、淡交社本は岩波本の46条が2ツに分かれ、それで+1のようです。

一方、東洋文庫本を見ますと、57話のようです。岩波本と比べると、岩波の30話、31話が合体して、1話分になっています。

次に、付記に関しては、「附り」のあるものは29話。但し、附りがまた複数の話の場合もあります。私の数え方では先月は36話、この何日かで読み直し数え直してみると50話。我ことながら相当いい加減な読みです(苦笑)。ゆっくり読み直してみようと思います。

又、村井康彦氏が、本編が何話であると書いたものを目にしたように思いますが、今引用できません。

何れにせよ、元禄時代のものですから現代表記とは違います。句読点の存在も不明ですし、行替えも翻刻者の判断であったろうと思います(版本は見ていません)ので、どれが間違いとか正しいということ無いです。

 

以上、煩瑣なお話しを失礼しました。「数なんていいじゃないか、問題は本文の内容でしょ」と思われる方も多いと思いますが、以前に書いたように、私としては、番号を同定した上で引用したい、というだけです。ご勘弁ください。


最期に、数える単位は「条、段、章? 何が相応しい言葉のか」と定まりませんでしたが、谷端氏のいう「話」はいいですね。何せ、茶話ですから。上記では、混在して書きましたが、今後私は、話で統一したいと思います。




# by tamon1765 | 2023-02-26 23:12 | | Trackback | Comments(0)

お茶の販売業界への疑問とお願い


表題の件、何故だろう。何か変だな、と感じることを書きます。


街角のお店でお茶葉(煎茶)を求めますが、その品種名が分かりません。

お茶の品種は、農林水産省の登録品種として、「茶農林ナン号」を1から列挙するとべにほまれあさつゆみよしたまみどりさやまみどりやぶきた、まきのはらわせ、こやにし、ろくろう、やまとみどり、たかちほ、いんど、はつもみじ、べにたちわせ、あかね、なつみどり、やえほ、あさぎり、きょうみどり、はつみどり、べにかおり、べにふじ、ひめみどり、いずみ、さつまべに、おくむさし、やまなみ、べにひかり、うんかい、かなやみどり、さやまかおり、おくみどり、とよか、おくゆたか、めいりょく、ふくみどり、しゅんめい、みねかおり、みなみかおり、さえみどり、ふうしゅん、みなみさやか、ほくめい、べにふうき』と続きます。

一方、平成23年の数字ですが、茶園面積(数字は全体に対する%)は、『やぶきた76おくみどり2さえみどり2、あさつゆ1、かなやみどり1、さやまみどり1』と圧倒的に「やぶきた」です。

販売パッケージには、その製造元が決めた商品名が踊っていますが、茶の品種名(例えば、やぶきた)を明示しているものはあまり見かけません。だから、あさつゆを飲んでみたいとか、みよしを飲んでみたいと思っても、ちょっと難しそうです。


話変わって、お米の話し。

お米は、『コシヒカリ、ひとめぼれ、あきたこまち、つや姫、ゆめぴりか等々』品種名を前面に出して販売しています。逆に、お米の品種を明示することなく商品名(例えば)『美味い高級米』などと表示されていても、「中身は何だろう、怪しい」とつい思ってしまい、手が出ません。


この煎茶とお米の違いとは何でしょうか。煎茶の販売に対する疑問を感じます。幸い、私は、やぶきた以外を飲んでみたいとの思いから、手元は「ゆたかみどりふかみどりふくみどり」があります。このように、品種ごとの販売をしてほしいです。



以上は、前に書きかけた記事なのですが、その後気付いたことは、抹茶におけるブレンドという問題です。インドの紅茶のブレンダーは高い地位と名誉を与えられると昔聞きましたが、日本ではどうなのでしょうか。日本の茶師も、多くの種類の抹茶を、毎年同じ味で同じ予算で作り出さねばならず、その苦労は大変なものと思われます。抹茶がそのような過程を経て、『○○の昔、○○の白』といった製品が作られていくわけです。逆に、そこでは「やぶきた品種60%、あさつゆ品種30%、みよし品種10%」といった表示はそぐわないようにも思えます(抹茶に向いた品種があるのだろうと勝手に想像していますが、実の処、私は無知です。イヤ品種内訳を知りたい気分もありますが、そのものの違いも分かってないのだから意味の無いことなのかもしれません)。

煎茶の表示もその流れでしょうか。しかし、単体で特定品種を飲んでみたいし、見つけると嬉しいです。どうあるべきか、難しい問題を含むのかな、と疑問符のついたまま私なりの結論が出せません。

皆さんはどうお考えでしょうか。




# by tamon1765 | 2023-02-26 17:17 | 茶つながりで、の雑談 | Trackback | Comments(0)

オークションから考えたお茶碗の扱い


某オークションを覗いたら、天目茶碗が多数出品されています。興味深く拝見。しかし、商品説明を見てその意味が読み取れず、考え込んでしまいました。


<引用開始>++++++++++

商品説明

夜にお茶を茶碗に残したり、わざと茶碗を洗わないようにしたりすると、効果がもっと速くなります。一日が過ぎると、釉薬面はますます乾燥し、暗くなり、結晶もますます暗くなることに注意してください。茶碗を飼うには、茶碗でお茶を飲んで、よく洗わなければなりません。これは細水長流の時間彫刻です。

<引用終了>++++++++++


何の効果が速くなるのでしょうか。

取り敢えず、茶碗の色あいが良くなり自分なりのお茶碗になっていく効果、と私なりに考えました。しかし、この文では「お茶を茶碗に残したり、わざと茶碗を洗わないように」するのがいいのか、「よく洗わなければ」ならないのか、この説明文筆者の言わんとすることは読み取れません。

例えば、萩焼は、貫入への浸透によって「萩の七化け」というように長期的にお茶碗の色合いが変わっていき、それを楽しむといいます。また、藤枝静男の小説『田紳有楽』には、お茶碗に古さびた趣を出すために、庭の池に何年間か沈めておくという話しもありました。実際に、ズルい古物商がそのような手法を取っているかは知りませんが。因みに、この小説、私の中ではベストテン入りの奇想天外な傑作です。驚愕、そして本当に楽しめる小説です。

処で、このオークションの発送元をみると、海外とありました。意味不明解な日本語は、日本人でない人による文章だからでしょうか。「細水長流」なる言葉も初めて知りましたが、ネット検索すると、明らかに中国語という扱いでした。


書込み前に読み直して、私なりに答えを出してみました。

・「効果」を「色が変化する事」と言い換えて読み直してみる。

・日本語では、「効果」とは良い意味で使い、悪い意味で使う場合はそのような意味あいの形容詞をつける。つまり、善悪判断を前提にして読んでいたからおかしくなっていた。

・効果→ 変化→ 暗くなる(黒っぽくなる)

・結論としては、「よく洗わなければいけない」「お茶を茶碗に残したり、わざと茶碗を洗わないようにすると、お茶碗が黒ずんでしまい、良くない」

それにしても、天目系のお茶碗なので、釉薬がたっぷりかかっていて、貫入はないようにも思いましたが、どうなのでしょうか。


話しのオチとしては、お茶碗をすぐに洗い清潔を保つことは余りにも当然であるのに、何をいまさらと、お笑いになるべき記事といった処でしょうか。


<R5.2.28>追記

最期の一文を加え、本文中も一部文言変更。猶、件のお茶碗は売れていないようです。




# by tamon1765 | 2023-02-22 22:06 | 茶つながりで、の雑談 | Trackback | Comments(0)