人気ブログランキング | 話題のタグを見る
excitemusic

お茶、その他についての、極く私的なブログ
by tamon
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
検索
最新のコメント
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
以前の記事


旧国名と州名


私がこれまで目にしてきた、旧国名から州名に呼び変えて

いるものを列挙してみた。

以下のB群は、州名がないのではなく、あくまで私がこれ迄

目にしなかった、というものです。


●A)国名が州名へ

磐城=磐州

安房=房州

常陸=常州

下野=野州

上野=上州

武蔵=武州

相模=相州

伊豆=豆州

駿河=駿州

遠江=遠州

三河=三州

尾張=尾州

美濃=濃州

飛騨=飛州、騨州

信濃=信州

甲斐=甲州

加賀=加州

若狭=若州

近江=江州  

山城=山州、城州

播磨=播州

摂津=摂州

和泉=泉州

大和=和州

紀伊=紀州

伊勢=勢州

淡路=淡州

阿波=阿州

土佐=土州

伊予=予州

讃岐=讃州

美作=美州、作州

安芸=芸州

周防=防州

長門=長州

石見=石州

出雲=雲州

伯耆=伯州

因幡=因州

薩摩=薩州


●B)州名を聞かない国 (下線部は重なりの有る国名)

陸奥、陸中、陸前、岩代、羽後、羽前上総、下総

佐渡、越後、越中、越前、能登、丹波、丹後、但馬、

河内、伊賀、志摩、備前、備中、備後、隠岐、

筑前、筑後豊前、豊後、日向、大隅

肥前、肥後、壱岐、対馬


このうち、以下は有るのではという私の勝手な想像

能州(能登)、但州(但馬)、河州(河内)、志州(志摩)、

隠州(隠岐)、向州(日向)、隅州(大隅)、対州(対馬)



<R6.4.18>その後の考えを反映



# by tamon1765 | 2023-06-27 23:15 | 雑談 | Trackback | Comments(1)

柄杓の合を止める


人のお点前を目にして、素朴に感じたことを書きます。


柄杓で湯や水を汲む時や入れる時、

釜や水指の上で露を切る時に合を一瞬止めれば、もっと

格好いいのになあ、と思った。


と、ここへ書込みしようと思ったら、

昔、幸四郎丈(当時染五郎)の踊り「玉兎」を批判した

ことを思い出した。悪く書いているので、読み返すと

我ながらいい気分がしないが、ファンとしての苦言

なので、許して頂くことにしてもらおう。

一方、憧れの能楽師、今は亡き関根祥人師は何が凄いか

というと、動作の転換点やキメの処で一瞬身体全体が

止まったのだった。

肉体的訓練の度合いが、計り知れないと感じたことを

思い出す。


以上、私の個人的な感想です。

勿論、優劣や善悪の話ではなく、私の好みの話しです

ので、誤解のないようお願いします。

お点前については、当然のことながら、先生に従って

ください。




# by tamon1765 | 2023-05-30 13:32 | お点前 | Trackback | Comments(0)

茶筌とおしで


人のお点前を目にして、素朴に感じたことを書きます。


茶筌とおしで手を挙げて穂先調べする形は、私は能の

構えみたいなゆったりした腕の形がイイと思います。

喩えていうと、「大木の幹を両手で抱き抱えたいが、

太くて左右の手が届かない。両手が繋がるとしたら、

己の肩の高さではなく、おへその高さの上くらい」。

それが、私のイメージです。

拝見したお点前は、穂先調べの瞬間、回転し上昇した

手首が内側に曲って、なにか内股みたいに見えました。


以上、私の個人的な感想であり、優劣や善悪の話では

ありませんので、誤解のないようお願いします。

お点前については、当然のことながら、先生に従って

ください。


<同日追記>この茶筌とおしは、過去にも「穂先調べ」と書込みしていました。我がことながら、私の興味ある動作という訳です。






# by tamon1765 | 2023-05-25 11:20 | お点前 | Trackback | Comments(0)

命の繋がり <玉城康四郎>


アウストラロピテクスとして発生したヒトが400万年連綿としてついにこの「私自身」に集結しているということである。それを逆行してみれば、「私自身」の全人格的な目覚めが、四聖をとおって、アウストラロピテクスまで、あたかもいのちの閃光の微妙な糸の、存するがごとく亡するがごとくにつながっているということである。


四聖とは、この本の中では、ブッダ・キリスト・ソクラテス・孔子を言っている。




More
# by tamon1765 | 2023-05-10 14:12 | 仏様の話し | Trackback | Comments(0)

無我の真理 <山岡鉄舟>


われわれの身体はみなすべて父母の骨肉の分子である。今もし、これを父母に返還してしまったならば、更に一物も「我」というべきもののある道理がない。わが身体は全部「われ」のものではないということが明瞭ではないか。父母家族の恩愛というものは言いつくすことが出来ない。われわれの身体も、父母、師長の恩愛の結合物である。わが身体は常に父母の心身と覚悟し、決して他念があってはならない。これが、武士道の発現であり、天地道徳の根源であり、人の大道である。


世間の「個」「個性」強調の風潮に対して違和感を常々感じますが、このような考えに接するとハッとし有難みを覚えます。

また、仏陀の教えの無我の理解に至り得ない自分がいますが、このようなアプローチも参考になるかな、と思いました。

たまたま目にした、俳句


父母おのれ未生以前や花李    森澄雄

フモオノレ、ミショウイゼンヤ、ハナスモモ






More
# by tamon1765 | 2023-05-09 12:15 | ことば | Trackback | Comments(1)