人気ブログランキング | 話題のタグを見る
excitemusic

お茶、その他についての、極く私的なブログ
by tamon
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
検索
最新のコメント
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
以前の記事


大津絵展に行ってきました


大津絵が好きなので、東京の八王子市立夢美術館に行ってきました。

今回、洋画家の小糸源太郎氏のコレクションと共に、国文学者の信太純一氏の志水文庫(神戸女子大学古典芸能研究センター)のコレクション等の展示です。

とにかく、おおらかさと滑稽な楽しさ(実は私には風刺と言った皮肉な感想は生じない)が大好きで、楽しんできました。

さらに、道歌があると、つい何と書いてあるか、気になります。

今回特に3点が気になって読んでみました。図らずも、女難に酒に気を付けろという教えでした。


狐女 <腰かけて三味線を弾いている女性の着物の裾から狐のしっぽが出ています>

・おやまとも流れの身とも云うからに、人を褒めたり、またのぼせたり

 (おやまは、歌舞伎の女形ではなく、芸者のこと)

・目は酒に耳は優しき三味の手に、うかうか乗つて化かされぞする

・うかつけばいろのまつねにつままれて、あとでこんくわいすれど還らず

(こんくわいは狐のこと、狐の鳴き声コーンからか。後悔との掛詞)

(上の句は不明。「気が付けば色の待つ音に摘ままれて」?)

・気も知らで、顔に****嫁とりて、後に悔やむぞ、はかなかりける

(**部分を書き留め漏らし。引かれてとか騙されといった意味がはまります)

以上、まさに、女難に注意という教え。


鬼の三味線 <鬼が三味線を弾き、盃と徳利があります。>

・目は酒に、耳は優しき三味の音に引かれて、さらに鬼と思はず

・三味弾いて、酒を勧めて気を奪い、人をとり喰う鬼の多さよ

・酒汲んで、三味線弾いて気を奪い、人をとり喰う鬼の多さよ

・一心にとつて喰うのは目にもみず、三味線かぢる鬼ぞ怖ろし

(目にも見ずは、一瞬でということ)

以上、鬼が酒を勧めてくれて、三味線弾いてくれて、私共を接待しているわけです。鬼とは何を象徴するのでしょうか、酒と気持ちの良い音楽で理性を失わないように。兎に角、注意です。


猫と鼠 <猫と鼠が向かい合って、鼠は大杯を傾け、猫は箸で赤唐辛子を勧めています。手前には、徳利が置いてあります>

・騙されて、まだその上で情(せい)出して、踊りて舞ふて、そして取らるる

・恐ろしきものを、にやんとも思わざる、心から身を、つゐに取らるる

 (にやんは猫の鳴き声と、「何とも」の掛詞)

・猫が酒盛りて、その身を亡ぼすとも知らで、鼠が呑むや、ちりちり

 (ちりちりは鼠の鳴き声チューチュー?。意味はチビチビ呑む感じ?、「チュルチュル吸い込み飲む」ならば現代語でもある。)

・聖人の教えを聞かず、つゐに身を、亡ぼす人の仕業なりけり

以上、鼠が騙されていい気になって大酒飲んでいる風情。その後どうなるかも考えずに......。猫と鼠であって、鬼と対峙する人という訳でないので、他人事ではある。一見、敵同士が仲良く酒宴をしている図なので、楽しめる。しかし、道歌を読むと、酒に溺れて己の生死を見失っている鼠のさまが怖い。明日は我が身だ。アル中にならぬように、気を付けなければ。


怖ろしい状況ばかりなので、口直しに。


瓢箪駒 <絵は、瓢箪から馬が飛び出しています>

・うち開けて、見れば大きな駒が出た。後は軽うて元の瓢箪

 (駒は馬のこと)

・世の中はとてもかくても鳴り瓢、軽き身にこそ楽しみもあれ

 (鳴り瓢とは、?空っぽだから風が吹くと音が響く感じ?)


瓢箪から駒といえば、縁起の良さを思いますが、むしろ後に残った瓢に、空っぽということで、身軽な何か自由さがあっていいですね。瓢箪鯰(大津絵にはこの題材もあります)をイメージして禅的な趣も感じます。




# by tamon1765 | 2023-10-11 22:56 | 雑談 | Trackback | Comments(0)

別無工夫


別無工夫  べつにくふうなし

放下便是  ほうげすればすなわちぜなり


相国寺に上記の禅語があるというが、

前半が夢窓疎石、後半が足利義満(三代将軍)という。

両者とも、なかなか重みのある字で、興味深い。


出典は?と思い、手掛かりが無いので、ネットで検索したら、

レファレンス共同データベース」というものに遭遇した。

一瞬で判明してしまい便利な世の中だ......




# by tamon1765 | 2023-09-26 21:47 | ことば | Trackback | Comments(2)

一切従心転


イッサイジュウシンデン (いっさいはこころよりてんず)


偶々片付けで、掛け軸の頒布チラシを発見。

「興福寺創建千三百年中金堂復元再建 勧進企画」20126月申込み締め切り。

今、興福寺のホームページを拝見すると、中金堂は平成30年(2018)に再建落慶とあり、写真を拝見しても素晴らしく有難いことと思う。いつの日か、お参り出来たらいいなあ。

処で、このチラシ、この言葉の出典が明記されていない。こういうのが気になる私としては、何故明記してくれなかったのかと、ごまめの歯ぎしり。

それが、偶々公立図書館から借りてきた本を開いた処、ビックリなことに、この言葉を目にした。それを手掛かりに探したところ、出典は、『華厳経、夜摩天宮菩薩説偈品第十六』と分かった。こういうのを、シンクロニズムというのだろうか。

引用すると、

諸仏は悉く、一切は心より転ずと了知したまふ

若し能く是の如く解らば、彼人は真の仏を見たてまつらん

とある。

処で、この言葉の元たる華厳は、臨済宗を含めた禅宗とは系統が異なる。床の間にこの軸を掛けた時、禅語という言い方は可なのかしら。

否、そんな下らぬ疑問も、心次第だよ、という教えでした(苦笑)。




# by tamon1765 | 2023-09-20 21:00 | 仏様の話し | Trackback | Comments(2)

笑点に桂小すみ師匠が出演(8月13日17:30)


桂小すみ師匠(落語芸術協会所属、音曲師)が、日本テレビ「笑点」に出演します。

813日(日曜)夕方530分から。

本人は、冒頭の演芸コーナーで5分程度です(笑)としていますが、

普段目(耳?)にしない芸をどうぞお楽しみ下さい。


令和3年に、国立演芸場の花形演芸大賞を受賞。2年は銀賞、元年は銅賞。

実は、私の30年近くの友人です。

どうぞ御贔屓の程、よろしくお願いいたします



因みに、令和3年度の受賞者は、

大賞:桂小すみ(音曲)

銀賞:神田伯山(講談)、瀧川鯉八、古今亭志ん五(落語)、笑福亭べ瓶(上方落語)

銅賞:柳家わさび、柳家喜三郎(落語)、桂華紋(上方落語)、玉川太福(浪曲)

    喜三郎氏の喜の字は、七が3ツのきの字です





# by tamon1765 | 2023-08-08 22:17 | 舞台の話 | Trackback | Comments(0)

瓢炭斗の語源


『茶具備討集』(茶道大鑑上p56)を眺めていたら、フクベ炭斗の語源に関する記述がありましたので紹介します。例によって、原文は漢文で、私の書き下し文なので、可笑しな処があればご指摘ください。


炭斗 

〇浮壺便(フクベ) 当世炭斗これを好(ヨ)しと為す。茶座にこれを瓢箪というは、その同性呼ぶものなり。田舎にこれを浮壺便というは、その徳を称するものなり。徳はそのよく乾きて中空なるもの、漆を以てその口を塞ぎ、密を隙無からしめて、これを水中に入る、但し浮かみて入らず。力を用いて推し入れるといえども、沈まず也。これを身に具するすなわち水に落ちても溺れず。古人云う、中流舟を失す、一壺千金と云う、これなり。その不死の便(タヨリ)を得る故に浮壺便というなり。壺は五音(ゴイン)相通ず、便は野人の短舌なり。


今の世、炭斗に好んで使っている。茶の席で瓢箪というのは同じものである。田舎でこれをフクベ(浮壺便)というのは、その徳を称するためだ。その徳とは、瓢箪はよく乾かすと中が空っぽだ。漆でその口を塞いで隙間を無くして密にする。水中に入れると、浮かんできて水が入らない。力ずくで水中に押し込んでも沈まない。人がこれを身に着けていれば、水に落ちても溺れない。昔の人も、「中流失舟、一壺千金」(流れの中で舟を無くしたとき、瓢箪一ツが千金の価値がある)」と言ったのは、このことだ。この死なないという知らせを得るので「フクベ(浮壺便)」というのだ。「壺ク」は五音に相通じ、「便べ」は田舎者の舌ったらずだ(ンの音が無くなった)。


五音相通が意味不明。五音十二律とすると、「宮商角徴羽」なので関係ないようだが、コ→ク=宮?、イヤそうだとしたらそれが何なのか、私には全くの闇。世阿弥に五音(ゴオン)という本があるが、これは全く関係ない様子。又、五を呉と読み替えてみたが、この字は呉音漢音が同じらしいので呉音というわけでもないようだ。


因みに、この本の冒頭を見たら、「昧者の為にことごとく仮名を付すなり」(ものを知らぬ者のために、いちいち仮名を振って読めるようにしてあげた)とあるので、思わず笑ってしまった。いやあ、有難いことです。




# by tamon1765 | 2023-07-04 18:22 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(0)