茶書の森への旅

teabowl.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:未分類( 58 )

キンモクセイ

e0024736_14131722.jpg

近所のお宅から佳い薫りを頂きました。
秋を感じます。

それにしても、横になった写真を縦にするやり方が分かりません(トホホ)。  

[PR]
by tamon1765 | 2018-09-15 20:13 | Trackback | Comments(0)

お久しぶりです


移住しました。

心機一転!と言いたいところですが、ウン十年

溜め込んだ書籍・書類の整理処分で気の遠くなる

思いです。

猛暑とも重なり、げんなりです。


しかし、長らく所在不明で諦めていた過去の自分の

書いたものが出てきました。

30年以上前の、若気の至り原稿、とでも云うもの。

我がことながら興奮し、再開のファイトが湧いてきま

した。

退化一方で、情けないですが、「今日から新しいこと

に挑戦すればいい。今が青春」と、我が身に言い

聞かせ、遅い歩みですが一歩を踏み出そうと思います。

またよろしくお願いいたします。



[PR]
by tamon1765 | 2018-07-31 23:37 | Trackback | Comments(0)

雪の翌朝

e0024736_2152239.jpg

自然の造形のなんと美しいことよ。
茶畑でしょうか。

e0024736_2152245.jpg

[PR]
by tamon1765 | 2018-01-23 21:52 | Trackback | Comments(0)

ご無沙汰しました


復活します。

自分で自分のブログに入れない状態でした。

実は、昨年、パソコンが故障で使えなくなりました。5年半

の寿命でした。

パスワードをパソコンに覚えさせて、いつも安易に開いて

いたのですが、パスワード失念のため、再開できませんでした。

不明時のためのメールやり取りがあるのですが、そのメール

のパスワードも同様に不明になり、開けませんでした。

ということで、挨拶もなく閉鎖(いや、閉鎖操作もできない)

という体たらくだった、という次第です。


今日久々に、思い付きでパスワードを入れたら、入れました。

これまでどうやっても思いつかなかったのですけど。

最期の未公開の書き込みが、昨年630日ですので、1

以上のご無沙汰です。

万策尽きて、別ブログを始めましたが、こちらも停滞しています。

そのブログは削除することとなるでしょう。


この間、お茶の先生が亡くなられたこと、私自身の長年の病気

の手術をしたこと、等々、色々なことが頭をよぎります。

考え方も少しずつ変化しています。

今後のことはわかりませんが、(と言いますか、このブログは

自分の覚書であることは変わりないですが、対象や方向性に

ついては決めかねています)、暫くは遡っての書き込みとなり

ます。またよろしくお願いします。



[PR]
by tamon1765 | 2017-07-26 13:34 | Trackback | Comments(0)

5月4日の藤

e0024736_1252553.jpg

[PR]
by tamon1765 | 2017-05-04 12:52 | Trackback | Comments(0)

恭賀瑞春

酉年ということで、八幡様のお使いである鳩の話から。 鎌倉は鶴岡八幡宮様(早速乍ら、鳩ならぬ鶴なのですか? でも鶴サブレでなくて鳩サブレです。お宮のある高台が 鶴が丘という地名の故のようです)、その扁額の八の字は、 二羽の鳩が向かい合っています。 一方、京男山の石清水八幡宮様では、二羽が背中合わせと なっています。 また、仙台の大崎八幡宮様は、未だ参拝してないのですが ネットで見ますと、親子と思しき大小二羽の鳩が向かい 合っています。もちろん、大きな二画目が親鳩でしょう。 とすると、総本宮である宇佐八幡宮の扁額が気になります。 こちらのお宮さんも未だ伺ってないので、ご存知の方は、 どうかご教授ください。 ところで、この宇佐の駅には、USAという表示がある そうで、何かドキッとします(笑)。 武家の棟梁源氏の守り神である八幡様がUSAだなんて! と大昔、ひとり気が付いてほくそ笑んでいたのです。 が、なんてコタアナイ。 大正の昔に、日下部四郎太先生が『信仰仏利二人行脚』で 鉄道の旅で、宇佐に着くと、  隣席之子供「USAと書いて有るのは何と読むのでせう。」 三太郎「USAから北米合衆国の事です。(略)」 子供「此所は亜米利加です乎」 と既に書かれているのです。(大正8年印行p557) 愉快です。 さて、石清水を舞台とする能『弓八幡』では、弓を袋 に入れ剣を箱に納めるこそ太平の御代のしるしなれと、 武器行使を否定しています。 末広がりの平和な世を願うばかりです。


[PR]
by tamon1765 | 2017-01-01 07:12 | Trackback | Comments(0)

ホリエモン氏の発言に対して感じた

ホリエモンこと堀江貴文氏の記事を見て書く。

この人は、とにかく人を押しのけても人を騙しても

金と名誉が欲しいという人らしい、という私なりの
理解である。

よって、私と人生観が違うので、ネットでこの人に関する

記事見出しを見ても、これまで見出しにとどめていた。

しかし、聞き捨てならない見出しなので、ついその記事を
開いた。
その記事へのコメントである。

ホリエモン「寿司職人が何年も修行するのはバカ」発言 数か月で独り立ちの寿司はうまいか?J-CASTニュース 11月2日(月)18時47分配信


なぜ、私がこれに拘ったか。

私は、「日本の職人や伝統芸能は、時間の蓄積を必要と

するもので、ぽっと出は基本的にはあり得ない。」という
考え
だからである。お茶の世界もそうだと思っている。

だから、この発言は私の行為を否定するものである。


この人は、短時間で金儲けをするために詐欺行為を働いた

だ。つまり、「時間をかけた蓄積、成熟」といった観念に

欠けている人であったということであろう。

確か、牢屋に入った筈と記憶しているが、今回の発言を目に
すると、この人何も
変わっていないことが分かる。

私の年来の主張「人なんて簡単に
変われるものじゃない」
のサンプルが、またひとつ増えた。

見かけは着飾っていて派手に振る舞っていても、私の基準
では貧しい人の分類だ。

ある種、憐みさえ感じる。
私とは人生観も違うし、或る意味どうでもいい人である。

しかし、マスコミに出て、害毒を流さないでほしい。


[PR]
by tamon1765 | 2015-11-04 12:03 | Trackback | Comments(0)

どういうこと? 2

記事をワードで作成し、その記事をコピーし、

「投稿」を選択し、貼り付ける。

ワード内で、文字の字体やフォントは同じに

している。

しかし、投稿結果を見ると、一部の字が拡大

強調されている。(この傾向は、冒頭に多い。

そして、文末で突然復活したりする。)

「編集」で直そうにも、文字の大きさ(こちら

はフォント指定はできず、Fのマークで4種類

しか選べないようである)を選んでも反映され

ない。

このエキサイトは気に入っていたが、この程度

のシステムならば、そろそろお別れの時が

近づいているのかも知れない。


[PR]
by tamon1765 | 2014-11-07 00:51 | Trackback | Comments(0)

どういうこと?

自分のブログを見て、吃驚!。

同じ記事が6回繰り返されている。

11101:3839にかけてである。

勿論、たった今、5回分は消去したが、

何が何だか分からない。

システムの問題ですか?


[PR]
by tamon1765 | 2014-11-01 20:30 | Trackback | Comments(0)

戦国のプロデューサー「千利休」

今夜の放送ですね。
友人からの情報です。
最新の情報に期待ですね。


知恵泉 先人達の底力
戦国のプロデューサー「千利休」
筒井紘一先生熊倉功夫先生 出演
6/3(火) 23:00〜23:45
6/10(火) 〃

再放送
6/10(火) 5:30〜6:15
6/17(火) 〃
[PR]
by tamon1765 | 2014-06-03 21:17 | Trackback | Comments(0)
line

このマヌケ?な顔、実は世界文化遺産なのです(笑)


by tamon
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30