茶書の森への旅

teabowl.exblog.jp ブログトップ

2018年 08月 12日 ( 1 )

4.利休は、緒の結び方他をかえた。

○利休料簡にて。台子の茶湯。二袋を一袋になし。又茶

入の袋の長緒をも短くし。出蜻蛉入蜻蛉などいふ緒の結び

方。古法の秘伝なりしをも。出蜻蛉はかりに結びし事など。

皆改ぬ。但し茶入れの袋に。まちをあけし事は。利休が後妻。

宗恩。手利(テキキ)にて茶入れの袋をぬいしが。はじめてまちを明し

此女はものじきよくて。短繋にむかしは取手の穴なかりしを

も。あけさせしとなん

****

蜻蛉の字に気付くまで何年もかかってしまった(苦笑)。

ところで、出蜻蛉・入蜻蛉と云う言葉(緒の結び方)を初めて

聞くが、分からないなりにこんな風に考えてみた。

左右それぞれに2本の輪っかがあり、それを長く伸ばせば、

それはトンボの翅とみなせる。

更に真ん中に一本胴体があれば、茶入れに蜻蛉が向かうから、

入蜻蛉。それがなければ、茶入れの側から外に向かうと考え

出蜻蛉。

あくまで実地の伴わぬ頭の中の操作です。入蜻蛉の胴体など、

上のように考えて、果たして出来るのかしら。

どこぞの紀要かなにかに、紐の結び方伝書の写真版があった

ような気がするが、それが参考になるかも。今手元にないので

何とも言えない。

それは三斉の伝書? 掲載誌は茶道文化学会の紀要?五島美術館

の紀要? あやふやな記憶です。



[PR]
by tamon1765 | 2018-08-12 18:40 | 『 茶窓閑話 』 | Trackback | Comments(0)
line

このマヌケ?な顔、実は世界文化遺産です(笑)


by tamon
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31