茶書の森への旅

teabowl.exblog.jp ブログトップ

出雲への想いから

先日まで、出雲へ移住するつもりでいたので、そこから
思ったことを書く。
ちなみに、その計画は泡と消え、移住の夢は潰えた。

私の中では、出雲というと黄泉の国へとつながっている(
と言っても、島根県人はおそらく誰もそう思ってはいない
でしょうが)、そして神話の国。
今でも大国主命が大きな袋を担いでいるような。。。。。
いまだに、私の頭の中は、小学校就学前後に、飽きるほど
眺めていた「古事記の絵本」の世界にある。

そのようなわけで、鳥越憲三郎「出雲神話の成立」創元新書
を手に取った。
読みにくい部分も多いが、甚だ面白かった。
本書の要点は、「出雲大社の創建は、古事記というフィクション
を現実にするためになされたものだ。」というのである。つまり、
古事記(712)以降に出雲大社が創られたということだ。
然もあらん。
色々な局面からそれを確証していくのが本書である。
そして、古代に強大な出雲王国にあったかは疑わしい、という。
とすると、わが大和民族は1300年に亘って、大いなる幻想の
中に生きていたことになる。
しかし、私にはその幻想の中でたゆとうているのが、この上も
無く快い。




この人は、「神々と天皇の間」という私にとっての名著を残して
おり、嬉しくなってしまう。
「神々と天皇の間」には、私は大きな影響を受けたが、実際の
ところ学問的にどうかなと感じてはいた。
しかし、逆に「出雲神話の成立」は、ほぼ受け入れたい。
思い出すのは、この鳥越さん、沖縄関係の著作も多いが、
沖縄文学の権威の先生が、どうもかっていなかったので、
この人の沖縄ものは見ないようにしている。

と、それはさておき、無理に話題を茶の湯に引っ張ると、
 「茶の湯=禅」
という図式があるが、それでいいのか、という疑問である。
ちょっと考えてみれば、茶道の各家元が禅寺だけでなく、
神社にも献茶をしていることからも、禅にのみ限定するのは
おかしいことが分かる。
例えば、儒教のお茶があってもいい。
先日も、天心「茶の本」は道教的と書いたばかりだ。

そもそも神道の本質は、私見ながら、一言で言うならば
「御祓い」であると思っている。
身を清める、災いの元となる穢れをはらう、除去する
乱暴ながら、それこそが神道と思っている。
とするならば、神道こそ、清浄を旨とするお茶にピッタリでは
ないか、と感じる。


<20.12.13>言い回し等変更
[PR]
by tamon1765 | 2008-12-11 08:52 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://teabowl.exblog.jp/tb/9183901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 壷中庵 at 2008-12-13 10:48 x
私も同感です。乱暴かもしれませんが「茶神一味」と主張しています。茶道の研究も民俗学的な視点からアプローチすると、その源流が見えて面白いのではと思っています。

そうそう、私は神楽にはまってまして、毎年九州の夜神楽に通ってます。
Commented by calypso_siren at 2008-12-13 13:09
こんにちは!
出雲、私も興味あります。
出雲大社にかつてあったという大階段もどんなだったのかしらと思いをはせています(^-^)
Commented by tamon1765 at 2008-12-13 15:11
壷中庵さん コメントありがとうございます。
九州の神楽で思い出したのが、椎葉村。
私は行ったことはありませんけど。
その村の民俗博物館を最近聞かないので、
心配になってHPを探してみました。
http://www.vill.shiiba.miyazaki.jp/cms/index.php?itemid=784
とりあえずは存続しているようなのですが、
自治体も破産状態が多く、世界的な不況で
心配です。もし、毎年行かれているところが
椎葉村ならば、どんな様子かいつか教えてください。
Commented by tamon1765 at 2008-12-13 15:22
calypso_sirenさん こんにちは
はい、はい。私も、福山敏男博士と大林組の
「古代出雲大社の復元」(1989年、学生社)を
眺めて、48メートルの高さ!という夢物語に
酔っていたので、9年前に3本を束ねた太い
柱の根元が発見された時は、嬉しかったなあ。
古代の人って優秀。素晴らしい。
やっぱり神様がついているだなあ。
Commented by tamon1765 at 2008-12-28 13:07
鳥越憲三郎「出雲神話の成立」は、現在、
講談社学術文庫で出ていました。
line

このマヌケ?な顔、実は世界文化遺産なのです(笑)


by tamon
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31