人気ブログランキング | 話題のタグを見る
excitemusic

お茶、その他についての、極く私的なブログ
by tamon
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
最新のコメント
https://www...
by tamon1765 at 09:01
林道春『本朝神社考』(改..
by tamon1765 at 12:11
メモを2題。 歌舞伎「..
by tamon1765 at 13:25
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
以前の記事


蟻通しの茶杓

不白筆記の一節
(私の現代口語訳=超訳)

  &&&

蟻通しの茶杓は、出来上がった時に、冬木宗五が
とりわけ欲しがった。それに対して、表千家六世
覚々斎宗匠は、とても譲れません、私の膝の高さ程
金を積んだら考えましょうと断られたそうだ。
その後、大金を包んできたが、それでも譲られなかった。
そして、京に戻る際に、息子の七世如心斎宗匠ヘの
お土産とした。
またその後、紀州の殿様がこの茶杓の噂を聞いて
ご覧になった。暫くは、殿様のもとに留まったが、
覚々斎宗匠は献上せず持って帰ったほどの大切な
茶杓なのである。

わが師匠の如心斎宗匠は、このお茶杓を、茶筌飾り
で使って、お茶を下された。
この時の茶入れは、祖母懐の大蓋であった。

   &&&



<20.9.21>間違い訂正
<24.4.17>書入れ、「息子の」部分
<R5.6.27>書入れ
 祖母懐:そぼかい、うばのふところ
  愛知県瀬戸市祖母懐町は、良質の陶土を産出
  することで有名で、その産による茶入れ。
  何面の山懐で製陶の好立地の地と説明する本もあり。


by tamon1765 | 2008-09-20 10:46 | 茶杓 | Trackback | Comments(1)
Commented at 2023-06-27 20:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 白隠の書 万倍も努力しなければ >>