人気ブログランキング | 話題のタグを見る
excitemusic

お茶、その他についての、極く私的なブログ
by tamon
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
最新のコメント
https://www...
by tamon1765 at 09:01
林道春『本朝神社考』(改..
by tamon1765 at 12:11
メモを2題。 歌舞伎「..
by tamon1765 at 13:25
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
以前の記事


拭くことで生まれる輝き

西山松之助先生によると、漆で拭かなくとも、茶杓を何度も
乾拭きすることで黒光りすると言う。
ご存知の先生のお茶杓「百万遍」が、それである。
ちなみに、般若心経を唱えながら百万回拭いた話しを聞いた
熊倉功氏が 「それじゃ、先生、百万遍ですね」 と言ったこと
からはじまったので、銘の名付け親は熊倉氏だ。

私も、私の先生から頂いた桑のお茶杓、白木だったものが、
何時しか飴色の良い色となった。
思い出すと、毎朝お抹茶を点ててから仕事に出勤していた頃、
必ずこのお茶杓を使っていた。
袱紗を使わず、ティッシュで拭いていたものだった。

拭く際に、抹茶の粒子がついていることが、良い輝きを増し
てくれたのではないかと思う。
by tamon1765 | 2008-05-17 19:27 | 茶杓 | Trackback | Comments(0)
<< 空気の香ばしさ <神谷美恵子> 数寄は、みちみちて >>