人気ブログランキング | 話題のタグを見る
excitemusic

お茶、その他についての、極く私的なブログ
by tamon
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
最新のコメント
https://www...
by tamon1765 at 09:01
林道春『本朝神社考』(改..
by tamon1765 at 12:11
メモを2題。 歌舞伎「..
by tamon1765 at 13:25
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
以前の記事


落ち葉

落ち葉_e0024736_283386.jpg


惣じて露地の掃除は、朝の客ならば宵にはかせ、
昼ならば朝、その後は落ち葉のつもるも、その
まま掃かぬが功者也 (茶話指月集)


「ばか者、露地の掃除はそんなふうにするものではない。」と
言ってその茶人はしかった。そう言って利休は庭におり立ち
一樹を揺すって、庭一面に秋の錦を片々と黄金、紅の木の葉を
散りしかせた。(「茶の本」第四章茶室、村岡博訳)


以前から、この、「庭掃除で落葉を全部取り払ったのが、美的でない
からと、また葉を散らす」という話の原典を探そうと思っていました。

話が脇にそれますが、「茶の本」で訳者名を明記したのは、
面白いことがあるからです。
直接上記には引用しませんでしたが、村岡訳では、ばか者と叱られ
るのは、紹安。
そして、宮川寅雄訳では、「愚か者め」と叱られるのは少庵なのです。
今家の片づけが悪くて、森才子訳の本は見出せませんし、買って目
にするのがとても楽しみな本・大久保喬樹先生がどう訳しているか、
興味深いです。

と、それはさておき、紹安はのちに道安と名を変える利休の実子。
少庵は、ご存知のとおり、利休の再婚相手宗恩の連れ子(つまり血の
つながりはありません)、そして利休の娘亀と結婚。
つまりこの家庭は、親子がそれぞれ結婚(親同士、子同士)という器用な
ことをやってのけた興味深い例です。
と、また脇にそれましたが、
紹安(せうあん)、少庵(せうあん)と平仮名書きでは同じということで、
大きな混乱を招きました。村井康彦先生の著作が物語っているとおりです。
訳者は、何を見何を根拠に訳しているのか興味の湧くところです。

<19.12.5>加筆。
<20.1.7>大久保喬樹先生訳では、少庵でした。本日、本屋で立ち読みしました。
<20.1.27>森才子訳も、少庵でした。
<20.6.1>杉本捷雄氏の推測によると、
  少庵とお亀(ちやう?)の結婚(子同士):天正4または5年
  利休と宗恩の結婚(親同士):天正6年
<20.6.27>道安の名前訂正(道庵となっていました)
<21.12.18>今読み直しますと、矛盾がありました。杉本捷雄氏が正しいとすると、
  「少庵は、利休の再婚相手宗恩の連れ子」はおかしいです。
  「利休が再婚した宗恩は、利休の娘婿の母親」と書くべきですね。
<24.3.12>岡倉一雄編の天心の全集を見かけました。
  聖文社、昭和13年2月発行。
  岡倉一雄・渡辺正知訳では、紹安(つまり道安)でした。
<24.7.1>大久保喬樹先生訳購入。
<R4.2.15>類似の話として「茶窓閑話37話」にリンクを貼りました。

R5.3.2>田中秀隆訳では、少庵でした(淡交社p86)。






by tamon1765 | 2007-12-04 02:09 | 天心岡倉覚三さん | Trackback | Comments(8)
Commented at 2007-12-05 07:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 夢庵 at 2007-12-05 08:18 x
休みには狭い庭ですが・・・・
落ち葉を拾います。
風に任せていると落ち葉が一杯になることも。
また家の前の道もきれいにするのは気持ちの良いもの。
Commented by tamon1765 at 2007-12-05 23:07
夢庵さん こんにちは
狭い広いの問題ではないですよ、
お庭があることが素敵です、そしてそれ拾ったり、
きれいにすることで、
心もきれいにしているのですよ、きっと。
素晴らしいことです。
Commented by 夢庵 at 2007-12-06 08:51 x
狭くても、ゼニコケ取りは結構大変です。すぐにはびこってきます。
Commented by tamon1765 at 2007-12-08 15:15
集中力のなさと飽きっぽい性格であることを、
ここのところ強く感じ、こんな性格変えたいナア
と感じます。
すぐにはびこってくる、そんなゼニコケになりたい。
Commented at 2008-01-26 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamon1765 at 2008-01-27 16:16
非公開コメントの**さん
ありがとうございます。
この写真は、近所のお寺さんへ朝6時ごろ行って撮ってきました。
だから、人間の手は一切加えられていないはずです。
茶の本については、自分の考えをまとめたいと思いながら、
ウン十年です。
どうぞ、レポート頑張ってくださいね。
Commented at 2008-06-01 09:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 珠光さんが出家の身から還俗? 銀葉挟みで >>