人気ブログランキング | 話題のタグを見る
excitemusic

お茶、その他についての、極く私的なブログ
by tamon
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
最新のコメント
https://www...
by tamon1765 at 09:01
林道春『本朝神社考』(改..
by tamon1765 at 12:11
メモを2題。 歌舞伎「..
by tamon1765 at 13:25
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
以前の記事


利休さんの最期の言葉


        よくぞ来たれり
        永遠の剣よ
        汝は仏陀、達磨もおしわけて
        汝の道をつき進みしに

これは、岡倉天心による有名な利休さんの偈である。
天心によるとは、天心の英訳に対する現代日本の口語訳
だからである。(宮川寅雄訳)
『茶の本』の結末に出ている。
        "Welcome to thee,
         O sword of eternity!
         Through Buddha
         And through Daruma alike
         Thou hast cleft thy way. "




原文は、今更ながらではあるが、
        人生七十
        力囲希咄
        吾這宝剣
        祖仏共殺
である。
そしてその後の、
        提る 我得具足の
        一太刀 今此時ぞ
        天に抛
は、何故か言及されていない。
あるいは、「なげうつ」が「つき進む」なのか、
まだ良く分からない。 

『茶の本』自体が難解な本で、支離滅裂と私には思われ、
問題の書であると常々感じている。
そして、この安らぎの無い終わり方にも釈然としない。
これから、ゆっくり考えてみることとしよう。
by tamon1765 | 2007-05-23 12:17 | 天心岡倉覚三さん | Trackback | Comments(0)
<< 生きては廉 <寒山詩> 江岑夏書 23(墨蹟を懸ける準... >>