お茶を点てることと 泡を立てること


ひとりで薄茶を点てていると、何故か、

亡き先生の目を感じることがある。

かつて、お稽古で、「もういいですよ。」と

言われたことがある。

「茶筌の振り過ぎです、もうお茶は点って

いますよ。」というわけなのであろう。

以前、「茶筅を振るのは15回」なる記事を

書いたことがあるが、どうも丁寧にのつもり

でずっと茶筌を振りたくなってしまいがちだ。


そういえば、先生の言葉ではないが、

「お茶を点てることと泡を立てることは

別なことだ。」と何かで読んだ。

そういうことなのだろう。


[PR]
トラックバックURL : https://teabowl.exblog.jp/tb/26632584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tamon1765 | 2018-01-20 03:02 | お点前 | Trackback | Comments(0)