人気ブログランキング | 話題のタグを見る
excitemusic

お茶、その他についての、極く私的なブログ
by tamon
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
最新のコメント
https://www...
by tamon1765 at 09:01
林道春『本朝神社考』(改..
by tamon1765 at 12:11
メモを2題。 歌舞伎「..
by tamon1765 at 13:25
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
以前の記事


天心さんは浄土真宗本願寺派


天心関係の本をひっくり返していたら、天心の法名は

「釈天心」とありました。

とすると、茶の本の中で、天心自身は禅を好意的に書いて

いますが、浄土真宗ということになりますね。

いろいろ探してみると、葬儀の導師は、永称寺の住職

和久隆広師とありました。

台東区根岸の長久山永称寺は本願寺派ということです。

偶々ですが、私はこの2月に鴬谷の「御行の松」を見に

行ったので、この永称寺の門前を横切って手を合わせて

来ました。

西蔵院、永称寺、千手院、要伝寺と、どこも門をくぐり、

本堂と、門脇のお地蔵様・観音様などへ手を合わせる程度

だったのですけど



R4.3.19>お彼岸日に追記

斎藤隆三「岡倉天心」吉川弘文館S444版を開くと、

岡倉家の菩提寺として、神奈川の長延寺(西本願寺の

末寺)とp10にありました。

ここからも、浄土真宗本願寺派の確認が取れました。


それにしても、父の後妻が、能面打ちの出目の家の出

とは又興味深いです。

と言っても、天心にとって継母にあたり、父の新家庭の

ために外へ出された角蔵少年にとって、馴染まない母

だったのかもしれないです。

私は天心が能をどう見ていたのか、天心と能の関わりを

全く知らないですし、美術工芸品としての能面をどう

言及しているのかも知りません。どちらも、興味が湧く

点であります。

但し、私の感覚(勝手なイメージ)としては、天心は

どう見ても能の人ではなく、歌舞伎の人、という気が

します。






by tamon1765 | 2015-04-01 14:13 | 天心岡倉覚三さん | Trackback | Comments(0)
<< 訓練不足では戦争に勝つことはできない 茶道が導く中道 >>