<   2017年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

茶碗を拭く際の軸

未だに、どちらが良いのか分からない事がある。

それは、茶筌とおし後、お湯を建水にあけた後の

茶巾で茶碗を拭く、拭き方である。

先生からごく初期に、茶碗は平らなところを同じ

速度で回転しているようにして上下しないように

と教わった(ように思う)。

それから私はそれを守ってきた。

しかし、他のお弟子さんへそのような厳密な指導

をされる場に出くわしたことがない。

多くは、高台を持つ左が傾き、茶碗の軸は左上空へ

傾いている。(私の場合、茶碗の軸は垂直)

*

軸を垂直にするには、茶巾を持つ右手側もそれだけ

肘が上がり、武ばった形となるのは否めない。

勿論、きれいな動き、きっちりとした動きという

意味では、こちらに軍配は上がる。

しかし、お点前は「目立たぬように自然に」するのが

良しとする考えに反する。

*

かといって、いつもそうしている私に対して、そこまで

しなくともいいです、という指導もなかった。

そのようなわけで、初めに聞いたのは夢だったのかなあ、

どっちがいいのかな? といつも思っていた。

教則本にそこまで気にした記載は見いだせないし、

映像で見るものも、結構おおらかだ。

先生の試案だったのだろうか。私の勘違いだったのだろうか。

*

何かヒントをお持ちの方に教えを請いたい。

*

*

以上、私のまさに極私的な思いであり、流派の

教えとしての根拠はありません。先生のご指導

についても、私のあやふやな記憶です。

師伝に依っていただきたいし、お読みの方に

ご教授お願いしたいです。


*


[PR]
by tamon1765 | 2017-04-26 12:47 | お点前 | Trackback | Comments(0)

気ま~まな独り旅


by tamon1765
画像一覧