<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「茶の本」の訳に疑問


天心さんの「茶の本」を読み直していたら、『白い茶筅』
とある。


竹製の茶筌が白いって、どういうことだろうと違和感を
覚え、「茶筅博物誌」を参照しようと探したが、
家の中で
所在不明。

白竹の謂いかと思いながらも、煤竹を使う表千家流から

見ると、どうなのだろうかと、疑問。
天心は江戸千家が身近
と考えたが、今の私には江戸千家
の茶筌の状況を
知るすべがない。


日本語訳から推測するに、「白い」は茶巾を修飾するの

ではないか、と感じて他の訳本もひっくり返してみた。


・ただ清浄無垢な白い新しい茶筅と麻ふきんが著しい対比を

なしているのを除いては、

          (村岡博訳。岩波文庫p54

・ただ清浄無垢な白く新しい茶筅と麻布巾が、いちじるしい

対照をなしているのを例外に、

        (宮川寅雄訳。講談社文庫p47

・ただ、清浄無垢な、白く新しい茶筅と麻布巾がかもしだす

特別なコントラストだけが例外である。

     (森才子訳。中央公論日本の名著p291

・唯一の例外は、竹の柄杓と麻の茶巾で、これだけはしみ

ひとつない真っ白で、まっさらなものでなければならず、

         (大久保喬樹訳。角川庫p84


原文は、

The mellowness of age is over all, everything suggestive of

recent acquirement being tabooed save only the one note of

contrast furnished by the bamboo dipper and the linen napkin,

both immaculately white and new.


私は外国語がからきし駄目なので、英文を見てのコメントは

できない。
私としては、根拠のない想像をただ膨らませることになるが、

天心がどういうつもりで書いたか、を忖度したい。それだけだ。


何れにせよ、白い茶筅には違和感を覚えるし、whiteが竹製dipper

への直接修飾でないため、大久保先生の訳のみスムーズさを感じる。

和訳の修飾部の作り方が英文にも近いように思える。


一方、注目すべきは、他の訳者が「茶筅」として
いるものを、
大久保先生だけ「柄杓」と訳している点である。

英語辞書で動詞”dip”を見ると、確かに「・・・を掬い出す(あげる)

汲む、汲み上げる」の意味もあるが、むしろ、「浸す、ちょっと

つける」が先に記述され、メインの意味のようだ。

言うなれば、下げて液体の中に入れる・突っ込むという行為と、

そこから引き上げるという行為と、逆のベクトルをその意味の内に

含むやや面倒な単語だ。

ここで思い出すのは、中学生の時、leaveが「去る・出発する」

と「そのままにしておく」の2つの意味があることに、得心いか

なかったが、大人になって「出発していなくなっちゃえば、

残ったものはそのままだ」と漸く納得できた。

このdipも、「浸したら、今度はそこから引き上げなきゃなん

ないよ」ということで、2つの意味が生じたのであろう。

大久保先生は、「汲む」という訳語に引っ張られて柄杓として
しまったのではないかと、勝手に想像してしまう。

欧米に、茶の湯が未だ知られていない時代。

当然のことながら、柄杓も茶杓も、他の茶の湯の道具、さらには

その概念も、英語で言語化されていなかった。

だから、天心は一つ一つ対応する言葉を探しながら“the book of tea”

を書いたのであろう。

このdipperは、汲むための柄杓なのか、撹拌道具の茶筌なのか。

私としては、時代さびたお茶碗との対照を考えると、置き合わせ

をする茶筌に軍配を挙げたい気がする。

<28.6.28>文意変えずに加筆。



[PR]
by tamon1765 | 2016-02-03 23:21 | 天心岡倉覚三さん | Trackback | Comments(0)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧