<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お詫びと訂正「源氏窓の蓋置」


116日に書込みした「源氏窓の蓋置」に間違いがありました。

間違いをお詫びし、全文削除させていただきます。

訂正の上、改めて記事を掲載します。

「源氏窓」という名の弘入造の蓋置を使いました。

ベースは、つくね型(いやもっと薄い繊細な作品でした)

の赤楽をイメージしてもらえばいいでしょう。そこには

絵が施され、正面に花頭窓が描かれています。一方、円筒の

反対側の上方向には、丸い穴が開いています。窓部分は

透けた作りではないですが、この窓を通して月を眺めると

いう心なのでしょう。


源氏窓という言葉は、今回初めて聞く言葉であり、手元の

事典には記載はありません。

ネットの辞書を見ると、あっさり、「花頭窓。火灯窓。

唐様の上部が尖頭アーチ状の窓。」といった様にあります。


とするならば、近江の石山寺ということなになります。

紫式部が花頭窓越しに月を眺めている図。

濡れ縁の元には薄が見える、そんな絵柄があります。

そして、現実に、石山寺の本堂東側に張り出して、「源氏

の間」という紫式部が源氏物語を執筆した部屋があると

いいます。

それがまさに、花頭窓、いやいや源氏窓。

Webで検索すればその写真も見られます。



[PR]
by tamon1765 | 2015-11-26 22:25 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(0)

五徳の起源


表題の件、下記の本による情報です。

 三ツ足の鉄輪は、「自在徳、熾盛徳、端厳徳、

 名称徳、吉祥徳、尊貴徳」の六徳を有す。

 しかし、自在鈎が出来たことにより、自在徳が

 除かれて五徳になり、それを名称とした。

というものです。


但し、私には、

1.自由自在に使えるよ

2.火を盛んに起して使えるよ

は、鉄輪の性質として理解できますが、

  3.「端厳」は言葉としてまず不明。

  4.いい名前だよ

5.お目出度いよ

6.高貴な人(もの?)を敬うよ

が何故、この鉄輪に該当するのかが、分かりません。


ネットで探すと、この六徳は、

  山田宗偏の「茶道要録」によれば、仏書に

云々、と見出せましたが、仏書というのがあやしい。

何故、「**経」と明示出来ないのかしら?

もっとも、私は、六徳という考え自体、仏教では

なく儒教の考えかと思っていました。


さて、鉄輪は、自在鈎が出来る前は、五徳ではなく

六徳と呼ばれていたという話も聞かないです。


ということで、スッキリするまで相変らずの遅々
たる歩みです。

なんだかいつも堂々巡りをしているようで、

嫌なんですけど・・・・・・

オチとしては、五徳はやっぱり加減乗除の世界に

あるってことですかね(笑)


裏千家茶道教本器物編
2「釜と炉・風炉」S41、p146


過去の書き込み

 五徳の由来

 五徳への連想


[PR]
by tamon1765 | 2015-11-25 22:21 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(0)

カウネンキ


「同門」11月号(532号)を眺めていたら、
「表千家家元の初釜で残月亭の床に飾られる盆山」
として、カウネンキ盆山が掲載されていました(p17)。

エッツ? 更年期!
と、一瞬驚きましたが、
年をあらためるという意味での更年なのでしょう。
但し、キが分かりません。
季、期、祇、紀、希、、、、何でしょうか?

石の裏にカウネンキと直書きされたのは、宗旦さん。
箱書きは如心斎とのことです。

流線型の、3つの山のような、流れのような石で、
新年の飛躍を感じるようなステキな石です。




[PR]
by tamon1765 | 2015-11-22 18:37 | | Trackback | Comments(2)

掛物古語拾遺


「掛物と日本生活」西堀一三

S16 河原書店

掛物古語拾遺 の目次(数字は頁)


連歌比興鈔1

烏鼠集1

志野宗温伝書6

諸作之巻6

小笠原流「万躾之次第」8

松屋筆記8

南方録10

分類草人木12

茶道故実14

茶経事実15

茶道奥秘録17

利休居士改正書院飾秘事17

旦日記24

佐久間不干斉「明記集」25

賑草26

吉田織部伝書27

作湯方目録28

吉田織部数奇之書29

吉田織部雑談29

喫茶雑話30

長闇堂記30

茶道闇明集31

橘屋宗玄覚書32

道具及諸家古語32

石州三百ヶ條34

和泉草36

石州表具伝書38

石州伝書39

表具秘伝書39

茶道旧聞録41

茶道秘事42

表千家流伝書43

藤林宗源伝書44

望月集45

松花堂上人行業記48

江月和尚茶書48

遠州流茶湯手引草48

遠州流数奇全鈔49

茶道便蒙鈔50
行言録50

茶話真向翁50

茶道覚書51

茶湯法方52

掛物取扱口伝54

松風雑話56

貞丈雑話58




[PR]
by tamon1765 | 2015-11-20 15:55 | | Trackback | Comments(0)

墨跡と書の違い

会記で、お軸は「**書」と書きますが、

江戸期以前の国師級の老師の書には、

「**墨跡」の文言を使える、と教わりました。


[PR]
by tamon1765 | 2015-11-13 19:01 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(0)

作と造の違い

会記で、「造」の字を使えるのは、千家十職

だけ、だそうです。表千家では、の話しです。



[PR]
by tamon1765 | 2015-11-09 07:45 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(0)

方円籠の花入れ


使ったお道具は、即中斎好みの方円籠でした。

竹?で編んだ花入れで、地が四角、天の口が丸

途中窪みがあります。イメージ的には、四角錘と

球の組み合わせといった感じでしょうか。

さて、このブログで過去に引用した言葉から、

即中斎宗匠は、四角から丸への修行を表現した

花入れとして好まれたのではないかと、勝手に

想像しました。

如心斎曰く、

 四角なる物の次第次第に丸なる道理、工夫

あるべし         (『茶話抄』)

川上不白曰く、

 茶の湯のことは、角成るものの円きがよし。

 此一句至極の伝授也。大切に得心申すべし。

(『不白筆記』)


さて、そのような話はないかと、事典を紐解き

ましたが、記載はありませんでした(角川、

淡交社、冨山房=梅園高橋龍雄、東京堂=
桑田忠親)。


また、事典を目にして初めて知りましたが、

裏千家淡々斎宗匠のお好みで、方円卓という

お棚があるそうです。その心は「昔の人は

大地は方形で、天すなわち宇宙は丸いと考えて

いたようで、これを表わし」または「日月を
象どって作られて」とあり、上記に
引用した
考えとは別世界の考え方のようです。


<27.11.11>追記
東京堂出版「茶道辞典」桑田忠親編を追加。


[PR]
by tamon1765 | 2015-11-07 19:48 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(0)

ホリエモン氏の発言に対して感じた

ホリエモンこと堀江貴文氏の記事を見て書く。

この人は、とにかく人を押しのけても人を騙しても

金と名誉が欲しいという人らしい、という私なりの
理解である。

よって、私と人生観が違うので、ネットでこの人に関する

記事見出しを見ても、これまで見出しにとどめていた。

しかし、聞き捨てならない見出しなので、ついその記事を
開いた。
その記事へのコメントである。

ホリエモン「寿司職人が何年も修行するのはバカ」発言 数か月で独り立ちの寿司はうまいか?J-CASTニュース 11月2日(月)18時47分配信


なぜ、私がこれに拘ったか。

私は、「日本の職人や伝統芸能は、時間の蓄積を必要と

するもので、ぽっと出は基本的にはあり得ない。」という
考え
だからである。お茶の世界もそうだと思っている。

だから、この発言は私の行為を否定するものである。


この人は、短時間で金儲けをするために詐欺行為を働いた

だ。つまり、「時間をかけた蓄積、成熟」といった観念に

欠けている人であったということであろう。

確か、牢屋に入った筈と記憶しているが、今回の発言を目に
すると、この人何も
変わっていないことが分かる。

私の年来の主張「人なんて簡単に
変われるものじゃない」
のサンプルが、またひとつ増えた。

見かけは着飾っていて派手に振る舞っていても、私の基準
では貧しい人の分類だ。

ある種、憐みさえ感じる。
私とは人生観も違うし、或る意味どうでもいい人である。

しかし、マスコミに出て、害毒を流さないでほしい。


[PR]
by tamon1765 | 2015-11-04 12:03 | Trackback | Comments(0)

透木は見せるもの?隠すもの?


大寄せのお茶会は好きではないので、余程のことが

ない限り、行かない・出ないの方針で今日まで来たが、

久々に関わってみると、

あれっこの道具どう扱うんだっけ?

ということばかりで、「実践を踏まないものに上達は

ない」という痛いしっぺい返しを喰らったなあ、の

思いである。


で、今回初めて、気になったこと、知ったことなど、


書き留めてみたい。


*


*


唐銅鳳凰風炉に富士釜。


*


透き木である。


で、据えてみろ、と言われると、さてどうしたものやら。


透き木を見せた方がいいのか、隠した方がいいのか?


但し、隠そうとより内側に置くと、釜を据える瞬間に


誤って火袋の中に落としそうだ。


それも困る。


*


ということで、今更ではあるが、ボンヤリ本をめくって


いると、


結論としては、見えていて構わないようだ。


意外と白木が目立つような気さえする。但し、見せるべき


か否かは分からない。


*


根拠は、


・「表千家茶道十二か月」千宗左(NHK、S60年)の口絵


  写真頁の天然忌、p154158


・「茶の湯歳時記―-風炉編」堀内宗完(主婦と生活社、1985


  p4950


でみられる写真だ。


*





[PR]
by tamon1765 | 2015-11-02 20:38 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(0)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧