<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

秘伝とは何か

相伝についてのおかしな話しで考えさせられたが、

つまりは、秘伝とは何か?ということになると思う。

今、相伝ものを秘伝という言葉に置き換えたが、

伝えるべき人(相伝者)に伝え、それ以外には明かさ

ないという意味で、同じとしてよいだろう。

さて、弘法大師は、顕密を論ずる中で、次のように

仰っている。


衆生は無明妄想をもつて本性の真覚を覆蔵するが故に

衆生の自秘といふ。応化の説法は機に逗つて薬を施す。

言は虚しからざるが故に。このゆゑに他受用身は内證を

秘してその境を説きたまはず。則ち等覚も希夷し、

十地も離絶せり。これを如来秘密と名く。


つまり、「衆生の自秘」「如来秘密」の二種類有り、

松長有慶氏はこれを明快に解説された。
以下は、
氏による。

「如来秘密」とは、相手がまだその段階にまで達して

いないので、今の段階に教えるとかえって相手のため

にならない。そのために秘密にしておく。例として、

小学生に体操のウルトラCの技を教えないで秘密に

しておくこと。

「衆生の自秘」とは、既に全てのことは公開されている

のに、受け取る側がそのレベルに達していないがために

読み取れない。それで、結果的に秘密となっている。


私はこれで、何故、相伝が必要なのかが分かり、スッ
キリした。

つまり、相伝とは、相手の能力に応じて1対1で伝授

すべきものであり、相手の現段階の状態を知らぬどこ
ろか、
どんな人間かも分からぬ関係の中で行うやり取り
(ウェブ
上での質問を今、私は言っている)は、およ
そ意味が
無い。



[PR]
by tamon1765 | 2015-08-15 05:51 | お点前 | Trackback | Comments(1)

相伝についてのおかしな話し

ウェブ上の質問コーナーにおかしなものを見つけた。そして、

そのやり行為を考えるうちに、私としては何か一つ、開眼

した気がした。(勿論、自己満足ではあるが、笑)


それは、流派では相伝ものとされるお点前に関しての、ウェブ

上での、つまり公開での質問である。

私には、実に色々なことを考えさせてくれた。


ここに内在する問題では、二つの言説を含むと考えられる。

) これこれのお点前はコレコレこうするのである。

B)相伝もののお点前はその免状所有者でないと伝えない。

そうでない人に公開してはならない。


さて、この質問者は、Bを無視して、Aのお点前のやり方を

質問しているわけである。

この方は、一方に関しては守ろうとせず、一方に関しては

詳しく知ろうとする。(質問して知ったことを守るつもり

なのであろう)。

もし、これが逆(Aを無視し、Bに関しては守ろうとする)

だったらどうなのだろうか。

教わったお点前の手順を全く無視し、「段階を踏んで相伝もの

については口伝で学びなさい」ということのみ墨守する。

この場合、口伝で教わったことの内容が点前のはずであるの

だが、その教わったやり方を無視すると言うことになる。

これはナンセンスの極みだ。

さらに、先生を無視し、その教えを馬鹿にしていることになる。

Bは、Aなどを含む個別の事項を通底する規範と云える。

法といってもいいだろう。

一方、この質問者が遵守するために知りたがっている、お点前

の手順・仕方もまた、法であろう。それを全く無視していれば、

「これは、ウチの流派のやり方じゃないわネ」と、相手にされ

ない。何しろ、そのやり方が流派の法なのであるから。

つまり、二つの教えは同じ教えである。


矛盾を感じないのだろうか?


とにかく、私には首をかしげるばかりの事柄だ。

                      (続く


[PR]
by tamon1765 | 2015-08-13 07:32 | お点前 | Trackback | Comments(0)

数奇に第一の嗜みは茶壺


「醒酔笑」に興味深い一節を見つけたので、記録

しておく。

茶の湯といふには何が入るものぞやと、数奇には

第一の嗜み、茶壺候よ。さあらば一つ求めたい。


とある。

醒酔笑の作者安楽庵策伝は寛永19年(1642年)の

没なので、この資料のみを重んずるとなると、

徳川初期頃は、茶壺が数奇者にとって最も重要な

お道具だったということになる。

茶壺というと、なにやら、染五郎(現九代目幸四郎)
の黄金の日々
を思い出してしまう。


さて、おいしいお茶の供給を考えた時に、保存容器が
重ん
じられるのは或る意味当然とも思える。丁度、

「お刺身をお客様に出すのに、やっぱり冷蔵庫は

最低限必要だよね」と感じるような感覚で。



余談ながら、「醒酔笑」を眺めていると、どこが笑う

処なのか分からなくて、楽しい話の本のはずが、

考え込んでしまうことが多々ある。

尤も、いまのテレビで見る若いお笑い芸人の何割かの

連中の、「何がおかしいのか理解不可能」状況よりも

マシではあるのだが・・・・・・。



[PR]
by tamon1765 | 2015-08-01 00:39 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(1)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧