<   2014年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

どういうこと? 2

記事をワードで作成し、その記事をコピーし、

「投稿」を選択し、貼り付ける。

ワード内で、文字の字体やフォントは同じに

している。

しかし、投稿結果を見ると、一部の字が拡大

強調されている。(この傾向は、冒頭に多い。

そして、文末で突然復活したりする。)

「編集」で直そうにも、文字の大きさ(こちら

はフォント指定はできず、Fのマークで4種類

しか選べないようである)を選んでも反映され

ない。

このエキサイトは気に入っていたが、この程度

のシステムならば、そろそろお別れの時が

近づいているのかも知れない。


[PR]
by tamon1765 | 2014-11-07 00:51 | Trackback | Comments(0)

手の美しい動き

私個人が、思ったままに書きます。

最期の手の動き、添え方が、見た目の美しさに

大きく反映する、とする考えです。


例えば、盆の四方回し。

そのまた例として、茶杓飾りでお正客が最期に
お道具をお返し
する場合です。

拝見後、お正客はお詰めとお出会いで道具を受け、

お名残の拝見をします。その際、身体の向きは、

お詰めと向き合った位置となります。

次に、亭主が拝見のために出してくれた位置に

お返しします。その位置は、踏込畳の縁外、上座

寄り半畳の真中あたりです。

この位置は、身体からは正面ではなく、斜めの方向

です。私見ながら、60度前後の角度が付くのでは

ないかと思われます。

とすると、盆の左右の中央を持った手では返し

づらいです。そのままでは、矯めのある右腕と、
伸びきる左腕。

私は、厳ついていて不自然に感じられます。

で、どうするかというと、出しながら、左手が

少々手前に引く形。

これが私には自然な美しさに感じらます。

最期の手の動き、添え方と云ったのは、このこと

です。


以上、私の全くの個人的考えであり、流派での教え

として受けたものではありません。現に、教則本の

写真を見ると、盆の左右の中央を持った手で返す

写真も見受けられます。

どうぞ、師伝に依ってください。


[PR]
by tamon1765 | 2014-11-06 21:03 | お点前 | Trackback | Comments(0)

古法を能考へ又時ヲ見ル事肝要也

不白筆記の超訳:

昔からのやり方をよく考え、且つ又、今の時代を見る

ことが大事だよ。やり方は、改良することも、ぶっ壊す

ことも出来るものだ。現在のやり方を芯にして、現代風に

アレンジ出来るのが名人の第一条件だ。
良く工夫すべきだね。


[PR]
by tamon1765 | 2014-11-04 11:33 | 川上不白さん | Trackback | Comments(0)

茶道を職とする者

不白筆記の超訳:

茶道のプロには必ず我儘があっちゃいけない。

茶道を自分のもんだと、思っちゃいけない。

茶道のやり方や決まり事は、天下の法だ。

茶道とは、預かりものと心得よ。

周囲に任せっきりだったり知らないことをいい加減

にしたまま、知識も心も足らない者が、人に教えて、

その人の芽を摘んでしまうことは、天下の法に傷を

つけるというもんだ。

我儘はいけないという、この一言をよく合点すれば、

今の法を守っていくことに関しちゃあ大丈夫だね。

くれぐれも我儘があっちゃいけないね。

我儘ってもんは、暫くは人に強制を押し付けている

ようなもんだけど、最終的には自分の道を壊すことに

なるのさ。




[PR]
by tamon1765 | 2014-11-03 02:39 | 川上不白さん | Trackback | Comments(0)

ナラヌ所もアレ共

不白筆記の超訳:

必ずしもそうってわけじゃないけど、基本は、左に

ある物は左手で取って、右にある物は右手で取るって

もんさ。その次にその物に近づいていくんだ。

さて、物を取る時に体を近づけていくのは、格好が悪い。

手を伸ばしていき届かないことで初めて身を乗り出す。

これが、メリハリってもんだよ。


[PR]
by tamon1765 | 2014-11-02 22:07 | 川上不白さん | Trackback | Comments(0)

どういうこと?

自分のブログを見て、吃驚!。

同じ記事が6回繰り返されている。

11101:3839にかけてである。

勿論、たった今、5回分は消去したが、

何が何だか分からない。

システムの問題ですか?


[PR]
by tamon1765 | 2014-11-01 20:30 | Trackback | Comments(0)

カタチニテ

不白筆記の超訳:


型について言うと、お点前は、ずっと連続して一筆書き

のような動きになるものではない。これはメリハリが

無いというものだ。一息で一文字づつ書くような動きが、

メリハリの利いた良い振る舞いというものだ。

ずっと連続している動きは、それきり止まってしまう。

一息づつの動きは、いつまでも続き途切れることがない。

続く)



[PR]
by tamon1765 | 2014-11-01 01:38 | 川上不白さん | Trackback | Comments(0)

気ま~まな独り旅


by tamon