<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「鶴の一声」の飾り方

「つるの一声」の飾り方の出典が分かりました。

松屋会記
永禄十年十二月二十六日の条に

飯過ぎて、床に鶴のはし、塗板に、花入れずに水ばかり、
紫銅無紋、高さ一尺程、輪底


とあるそうです。(読み易いよう、平仮名漢字をあてはめました)
「つるのひとこえ」=「鶴のはし」。はし=嘴。
亭主は、46歳の時の利休さん。
お客は、鉢屋紹佐、大和屋正通、松屋久政の3人。

なお、利休所持の「鶴の一声」は、振袖火事(明暦3、1657)に
焼失したといいます。

この意味を、筒井紘一先生、中村修也氏は、水を入れている以上、
「花入れ賞玩ではなく、各自、想像で花を生けるよう、利休が作意
したもの」とみておられます。
とするならば、紹鴎が茶の極意の和歌とした、
  見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮
と一脈通ずるものがあり、単に想像するだけでなく、想像を越えて
目の前に実際には無いという現実(それが侘びなのか?)を受け容
れる心持が必要と思われます。
[PR]
by tamon1765 | 2012-02-28 14:54 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(1)

気ま~まな独り旅


by tamon1765
画像一覧