<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

同じ茶碗が、同じでない

林屋晴三さんの講演記録を読んでいたら、オヤッと思った
処があったので、書き留めておきます。
何度かその謦咳に接したこともあり(といっても、1対1では
なく、講演を伺いました)、また、ご実家の茶園の見学会にも参加
させていただき、また著作ではお世話になっている方です。

さて、引用すると、
(雨漏茶碗の説明で) しかし焼けた当初は、窯跡で破片を拾って
みますと、井戸などというものはあんな色とは違うのです。非常に
きれいです。 (略)
ですから焼けてすぐ日本へ請来されたときは、井戸茶碗も雨漏も
今見るものとはちがって、いわば味のないものだったということ
もいえますね。


お話の流れから、「これら茶碗の美しさ、すばらしさは一朝一夕で
出来たものではない。三、四百年の長い蓄積によるものである。
そのことを味わってほしい。」 と言いたいであろうことは、よく分かり
ます。

しかし、大きな問題が残ります。
我々が今見る「井戸茶碗」「雨漏茶碗」と、応仁期、安土桃山期
江戸初期の同じ茶碗が、同じでないということなのです。
つまり、我々には、古さびて見えるお茶碗が、彼らの時代には、
つるつるのピッカピカだったのかもしれないのです。
その当時を想像して、林屋さんは 「味のないもの」 という言葉を
使っています。
しかし、その当時の彼らはそれを重んじています。
つまり、彼らにとって、「味のある茶碗」 だったのではないか、
とも想像できます。

とすると、
1) 当時のそのものの状態はどうだったのか
2) それを当時の人はどう評価したか
そこを正しく整理しないと、当時の人々の美意識とされるものが、
現代人の単なる勝手な思い込みに堕する危険があります。


似たような例では、たとえば、奈良の古寺を巡礼して、いいなあと
感じます。一方、韓国のお寺に行って、その極彩色にややウンザリ
します。
しかし、奈良のお寺も創建当時は朱塗りの極彩色だったかもしれ
ません。たとえば、薬師寺のご本尊も、金ピカだったでしょうか。
当時と現代では、死生観も宗教観も同じではありません。
深く考えてみたい問題です。


なお、林屋さんの講演は、昭和51年2月13日。第23回朝日ゼミ
ナール。表題は、『唐物と高麗茶碗』。
私は筆記録を目にしただけで、その場で聴いたわけではありません。



<校正>24.2.6 文意を分かり易くするため、一部加筆。
[PR]
by tamon1765 | 2008-06-29 12:37 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(6)

うぐいすの囀り(2)

毎朝、今日はうぐいすはどうかしら、とそれを楽しみに起床している。
そして、聞こえると、傍らのチラシの裏紙にメモするが、その紙が
バラバラで、見比べようとすると見当たらない。困ったものだ。

さて、五月雨の降る中、本日、
8:20 小さな声で、ホーケキョケキョ
8:40 通る声で、ホー、ホケキョ(複数回)
その後も、ケキョキョ
これらは、チュチュともキュキュとも聞こえ、字に写しずらい。

でも、雨のなかでも聞けて、幸せ。
今までの記録を遡ってまとめておきたいと思う。
[PR]
by tamon1765 | 2008-06-29 10:12 | Trackback | Comments(2)

物事の好き嫌い

お茶碗の写真集を眺めていて、物事の好き嫌いということから、
いろいろと思う。
例えば、私は京焼きのカラフルなお茶碗は余り好みではない。
薄手で直ぐ熱くなることも私にとっては、困った要素だ。
同じように、九谷の緑や黄色の原色主義も、私の趣味と違う。
同様に、交址も違和感を覚える。

では好きなものといったら、伊羅保、蕎麦、井戸、井戸脇、
柿の蔕あたり。
ところで、手元の本(満岡忠成「茶陶」小学館)の雨漏の
小汚いこと。
染みだらけの老人の肌といった趣だ。
これが平戸松浦家に伝来し、不昧公も懇望したが手放な
かったという名品というから、この世は面白い。
現在は松永美術館蔵という。
蕎麦茶碗も、残月といい、青みがかり、口造りの蕎麦に
似た肌合い、私には魅力的だが、これを綺麗でないと見る人
も必ずいることだろう。
柿の蔕に至っては、名品「大津」(藤田美術館)と聞い
ても、「ナンダ、コリャ?」という反応が目に浮かぶ。

ふと考えてみると、ある意味「小汚い」ともいえる
このような器で、食品を出されたらどうなのかな、
とも考え込んでしまう。
極く常識的考えでは、やはり汚いと見えるだろう。

確かに、利休さんは清浄を重要なものとして、懐石の
器類は、新しい奇麗なものを使いなさいとの意味合い
のことを言った。
また、菓子であったか、器の中に懐紙を引いて出した
弟子を誉めたこともあったと記憶している。
おそらく古い菓子器だったのであろう。

これらのお茶碗を善しとする、茶人という種族は、
やっぱり、風狂の輩なのかも知れない。
[PR]
by tamon1765 | 2008-06-25 00:02 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(0)

お茶の楽しみ

ネットをブラブラしていたら、初めて訪れた、好感の
持てるブログで、お茶の手順(書き方から拝見すると、
お点前以前と言う感じでした)を、何故こんな面倒な
ことをしなければいけないのかなと言った意味合いの
ことが書かれていました。
思わず、それは残念ですね。いつか面白いと感じられ
たらいいですね、といったコメントしてしまいました。
つい、余計なことを書き残してしまい、後悔しています。
言い訳を言いますと、お茶はこんな面白いものなのに、
知らないなんて、勿体無いなあ、と思ったからでした。

例えばこんなことを思います。
「サッカーは、何故、足でしかボールを蹴っちゃいけ
ないのか。手が使えないなんて、おかしい」と言って、
サッカーを見ない人が私の周りにいます。
そんなこと言われても、スポーツを楽しくやるために決めた
ルールなのだから、それを否定されても。。。。と思います。
でもそれ以上に、サッカーのあの面白さを知らないなんて、
残念だなア、勿体無いなア、と感じるわけです。

同じように、バイオリンを手にした人が、「何故、こんな
風に左肩に乗っけて顎で押さえつけて、右手の弓で、糸を
擦らなければいけないのですか?」と言わないでしょう。
もし言うような人がいるとしたら(そんな人いると思いま
せんが)、最初からやりません。

私は、お茶もそれと同じと思うわけです。

そしてそれ以上に、茶の湯って面白い。
但し、人がよく言うような、お茶は奥が深いだなんて、
言う気は無いです。
全てのことは極めれば奥が深いに決まっています。
お茶のみ奥が深いと言うのは、お茶をやる人の傲慢だ
と思っています。
私はお茶って良いなと思うのは、
・ ゲームのような勝ち負けが無いこと。
・ 音痴・リズム感が悪く(どちらも該当者は私)ても、
  楽器と違って続けていける。
からです。

もちろん、サッカーより野球が好きという人はゴマンといる
でしょうし、お茶より面白いと感じるものを持っている人は
数限りないです。
それはそれで幸せなことです。
お茶をやらずともそれをやればいいのです。
そして、今お茶をやっている人でも、お茶より大切なもの・
面白いものを見つけられれば、そちらに移っていいと思います。
囚われることは、お茶の否定することですから。
但し、人は食べることより好きなことが出来たと言っても、
食べることは止められないです。それと同じで、お茶を全く
棄てることはできないのではないかしら。
そんなことを思っています。
[PR]
by tamon1765 | 2008-06-23 23:57 | お点前 | Trackback | Comments(2)

うぐいすの囀り

ここの処、毎日うぐいすの囀りを聞くのを楽しみにしている。
鳥のことは全く疎いので、もう今日が聞ける最後かなと
思いながらの毎日だ。

今朝は、6時前は「。。。。ケキョ」と。「ホー」の部分が無かったが、
6時40分頃から、「ホーホケキョ」と、何度も何度も。
自然と共に、市中の閑居に居られることが嬉しい。


<20.6.17追記>
6月16日 朝6時20分頃に、複数回聞くことが出来た。
[PR]
by tamon1765 | 2008-06-15 06:48 | Trackback | Comments(3)

お茶杓の価格破壊

昨日、ダイソー(100円ショップ)へ行ったら、
ついに、お茶杓2本100円(但し1本は短い)が出ていた。
価格破壊もここまで来たか、の感。
とは言うものの、出現してしまうと、今まで無かったこと自体
不思議に感じるものではある。
尤も、今読まれている方は、見向きすることもない製品であろう。
こんなに安くて、製作側は大丈夫かなとも感じる。
以前教えを受けた茶杓師の先生のお話では、プロは15分で
一本削ると仰っていたように記憶している。
既に、茶せんは中国モノが多い現実であるが、これからは、茶杓
も外国製になっていくのか、と複雑な気持ちではある。
職人の世界も、厳しいなあ。

他の木製の匙類は、相変わらず殆どがゴムの木であった。

さて、店の中をぶらぶらして、色々なものを眺めるのは楽しい。
木製の櫛で、ゆったりした木目で好感を持ったものがあった。
櫛といえば黄楊に相場が決まっているように思ったが、
手にとってみると、桃の木とのこと。

いつか、桃で茶杓を削ってみたいと感じた。

<23.1.17推敲>
[PR]
by tamon1765 | 2008-06-08 17:01 | 茶杓 | Trackback(1) | Comments(6)

禅と茶との関係(お詫びと訂正)


この書き込みを訂正とし、お詫びさせていただきます。

(平成261219日)

私は、「『茶禅同一味』を、宗旦の著作ではない」と断定的に

述べましたが、その根拠を明示することが出来ません。

お詫びの上、訂正させていただきます。

*

自分の行ったコメントについて、明らかに誤りの文章は削除

します。曖昧な隠滅は私の望むところではないので、ここに

*

引用します。

*

---------引用開始


Commentedby tamon1765 at 2008-06-08 11:45x


今は否定されている「宗旦の遺書」であることを前提にして

いる点も、時代的制約を感じる。あまり言いたくないが。


---------引用終了

*

読んで頂いた方、特にコメントを頂いた抹茶様にはご迷惑を

おかけしました。

申し訳ありません。

*

以上、平成261219日です。

以下、平成2068日の元々書き込み内容

***

伊藤古鑑「茶禅同一味の味わい」(「茶と禅」所収)を読み始めて

みると、強い物言いにやや辟易する。

確かに、禅が茶の湯を形成してきた大きな要素である。

禅がなかったら、お茶はもっとずっと貧しいものだったであろう。

しかし、お茶は遊びではない修行だと、強く言い切られてしまうと、

なかなか辛い。

お茶はお茶であって、禅じゃない。

お茶は遊びではなく修行であるならば、そして修行こそを最優先

すべきものならば、何もお茶をやる必要はない、

一直線に禅をやればいいではないか、いやそうするべきなのである。

達磨大師のように、面壁九年すべきなのであろう。

*

しかし、利休さんは、「狭い茶室の中で向かい合っていて(狭苦しく

感じちゃうから?)達磨の絵を床にかけない」と言っている。

  http://teabowl.exblog.jp/216424/

つまり、禅の修行と別なものを見ているのだ。

当然である。別物なのだから。

*
とは言いながら、床の墨跡が、自ら何かを考えるためのものでなく、

単に意味を亭主から教えてもらって雰囲気を感じるだけのもの

であるという、今の風潮(と私には思える)も、本当にあるべき

姿ではない、と感じざるを得ない。

*




[PR]
by tamon1765 | 2008-06-08 11:42 | | Trackback | Comments(4)

煤竹

e0024736_14571777.jpg
e0024736_14573257.jpg


お粗末な写真、お恥ずかしい。
しかし、私にとっては、最初に自ら曲げて削ったお茶杓。
このような煤竹はもうなかなか手に入らないので、もっと
大切にすれば良かったと、やや後悔です。
[PR]
by tamon1765 | 2008-06-07 14:50 | 茶杓 | Trackback | Comments(0)

本当の味がする生活

貧乏して、働いて、やっと食べ、やっと学び、やっと仕事する。
そんな生活こそ本当の味がするのではなかろうか。
勿論こういう年をして新たにそういう生活に飛び込むのは大分
勇気を要する。しかし、真に成長するためにはこれ以上温室生活
は許されない。今まで精神的にはともかく生活的に楽をしすぎた。
みんなからもてはやされすぎた。


「神谷美恵子日記」1946年2月16日
[PR]
by tamon1765 | 2008-06-04 12:56 | ことば | Trackback | Comments(1)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧