<   2002年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

雑司ヶ谷鬼子母神で

平成13年のこと、5月16日の「雅子妃殿下ご懐妊の可能性」
の報道に接し、翌17日に都電に乗って雑司ヶ谷鬼子母神へ
お参りしてきました。(鬼の字、第一画目は無し)
 こちらは、川上不白さんに縁があるとのことですが、興味深い
ものを拝見しました。

1.お茶のお釜がありました。
釜はなで肩切合せ鉄風炉で、中はセメントで固められていました。
雨曝しなので全体が錆で赤茶けているのが、ちょっとかわいそう
な気がしました。
その台座?になっている石には、「奉納 都流茶道 三世家元
荒木草栄」とありました。
私は、寡聞にして都流と言う流派を知りません。
さて、この石は割れて一部失われてしまったのか、建立の年代
の記述がありません。
連名の方の県名住所が旧字の縣の字なので、少なくとも戦前の
ものです。

2.「孤峰不白 一字一石妙経塔」がありました。
この石塔は、お約束の五輪の塔をみたすものでしょう。
表面には、「奉・宝・塔・一基」と刻まれ、その下は、
「南無妙法蓮華経」の石があり、台座となります。
その石の右には、「孤峰不白日祥居士 」別当日慈 」寛政辛亥」
の字が、左面は、無し。
裏面は、多くの字が記されてますが、私には読めませんでした。
そのなかには孤峰不白の文字もありました。
 そして、この「孤峰不白 一字一石妙経塔」を説明(?)・明示
する石は、9世宗雪、宗鶴、閑雪、不白会の名で昭和39年に建
てられました。
また、この塔字体は、寛政辛亥とあるので、1791年。不白さん
73歳だそうです。不白さんは、私には神田明神のイメージ
があったのですが、これで法華宗に帰依していたということが
良く分かりました。
[PR]
by tamon1765 | 2002-07-23 23:57 | 川上不白さん | Trackback | Comments(4)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧