六代目歌右衛門の出生


伊臣眞「観劇五十年」を眺めていたら、オヤッと思う処が
あったので、ご存知の方には教えて欲しい。
それは、

現福助は….現歌右衛門の二男となつて居るが
実は先代福助十八歳の時生まれた子だと云ふ


この手の話を快く思わない方はここで読むのを止めて欲しい。

なにぶん昭和11年印刷発行の本なので、現福助は亡くなった
六代目歌右衛門、現歌右衛門は五代目、先代福助は慶ちゃんの
福助こと七世福助で今の芝翫丈の父上、と読み替えて欲しい。

記憶はかすかであったが、前回も同じ様に思ったのであろう
鉛筆でしるしがしてある。

一方、晩年相手役に六代目歌右衛門(当時芝翫)を指名した
吉右衛門の日記を見ると、年月日の条にこうある。

つまり、吉も、五代目の二人の息子と考えていたのである。
それとも、律儀な吉のこと、知っていても知らん振りを押し通
したのか。

私の興味は、顔つきなどの遺伝の具合やら、芸風の類似といった
ことで、血の濃さってどうなのかなと思って、知りたいと感じた
までである。
或いは、七世福助が、そういう若さで出来た子どもがいたとして、
彼のその後の役柄の変化や、評価の変化はあるのかな、という興味
である。

もしそのような事実があったとして、隠すことは、人気商売なので
当然であろう。妻子が居ては困るわけである。
昔も、ブンヤといえば羽織ゴロといわれたが、いまほど、マスコミ
とかいう閑な御仁がすくなかったのであろう。
その昔は、まだ人様のそんなことに構ってられないほど、皆自分の
ことで必死に生きていた時代だったのかもしれない。それとも、
芸を問い、それ以外を余り問わない、大人の時代だったのかもしれない。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/9629512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-02-19 18:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamon1765 at 2009-02-19 19:53
非公開のコメント様、ありがとうございました。拝見します。
Commented at 2009-02-28 01:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamon1765 at 2009-02-28 18:56
秘密のコメント様 ありがとうございました。
私もお名前はいつも拝見しているので、よ~く存知あげています。
でも、余所様でのコメントの際にリンク先の指定がされていない
ので、あなた様の処へ行く事が出来ずにいました。
よろしかったら、あなた様のブログ教えて下さい。
Commented at 2009-03-02 09:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tamon1765 | 2009-02-17 05:56 | 舞台の話 | Trackback | Comments(5)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧