不立文字のわけ

興味深いお話しを伺ったので書き留めておきます。

禅宗で不立文字といいますが、この理由がアッと
驚くと同時に、笑ってしまいました。

その理由とは、当時の禅のお坊さん達、文盲だから
という説です。

六祖慧能さんが、「本来無一物」を他人に書いて貰った
ということにそれ程疑問を感じていなかったのですが、
気が付かなかったです。
本当に、無一物の人だったのですねえ。

私にとって、晴天の霹靂モノでした。



<21.3.30>追記 小林秀雄による

これは、言語表現の難しさに関する異常に強い意識を
表明したものであって、自己表現の否定を言うのでは
ない。言語道断の境に至って、はじめて本当の言語が
生まれるという、甚だ贅沢な自己表現欲を語っている
ものだと考えられる。

[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/9538458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 山桜 at 2009-02-10 14:03 x
文盲のお話で目から鱗、開眼した気分です。
Commented by tamon1765 at 2009-02-10 19:42
山桜さん どうもです。
これはあくまで説ですからね、事実かどうかとは別のお話し
ですから、誤解のないようにお願いします。

でも、自分で思いも寄らなかった説を聞くのは本当に、
楽しいですね。

その後の、異常なまでの墨蹟の氾濫(なんて言葉を使って
はいけないのかな)を愉快に思いますし、
いい言葉に恩恵を受けているので、喜ばねばいけない
のかもしれません。
マア、その殆どが理解できていないわけなのですけど。
Commented by たろう at 2009-02-16 19:17 x
この「説」の真偽は、置いておいても

さて

「無一物」とは?

文盲=無一物?
文字が読み書き出来ると、「無一物」になれない?

慧能は文盲だったから「無一物」を掴めたのか?

その辺、面白いところですね
Commented by tamon1765 at 2009-02-19 19:50
そうなんです。いろいろ思う処が膨らんで、面白い視点なのです。
Commented by tamon1765 at 2009-02-19 19:52
文字は書けなくとも、言語化という操作は出来ると考えると、そういう操作手法は所有していたのではないかしら、と思ったり。。。。

Commented by チャチャ at 2009-03-29 22:15 x
はじめましてチャチャと申します。
達磨も外国の方だったからと、言われるかたありますが、
もともと不立文字は、釈迦の拈華微笑からと聞きました。
でも、茶道をさせていただいている身としては、
本当のところは文字や言葉では伝わらないと実感できるので、
本意はそういうことですよね。

お茶をしている身からすると、このような説を出される方がいらっしゃるということ自体がもう面白いように思います、、、いかがでしょうか。
Commented by tamon1765 at 2009-03-30 19:23
はじめまして、チャチャさん、こんにちは
フギアスケートやバレーボールを見ても、
日本舞踊や能をみても、お点前を見ても
言葉では伝わらないなあと、私もします。

その一方で、言語化によってものが立ち
現れてくると言うか、存在として姿を現す
ことの意味の大きさにも、身震いを感じる
こともあります。
Commented at 2009-03-30 19:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tamon1765 | 2009-02-04 06:58 | ことば | Trackback | Comments(8)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧