長唄 『都風流』

慈恭さんの都風流を聞いた。
私にとって、長唄の大好きな曲であり、
秋の色種に次ぐ名曲、まさに大正教養時代以降の
最高傑作と思っている。
万太郎の詞も良く、それにもまして曲調とでも言うのか、
曲の流れこれが亦完璧じゃないか、と思う位、好い。
私自身ついこの間、秋が来たわい、と感慨にふけったが、
実際もう酉の市なのだ。
季節の流れのはやさに驚かれ、ぬる。
冬将軍の到来は尻上りに早い。
又一つ年をとってしまうのか。

ところで、慈恭さんの飄逸なこの声と節が長唄の正統だと、
学生時代から思い込んで聞いていたので、やっぱり
この声が嬉しい。
しかし、この都風流のCD、新内手の一節がちょっと不本意。
素人の私でもアレ? はずしちゃったかな、と感じる。
耳のよい方のご意見を伺いたい。
そこ以外は、慈恭さんの声に聞きほれてれ、自己陶酔で
一緒に口ずさんでいるのだ。
焼酎呑みながら、一緒に唄ったり、口三味線したり、
この世の極楽ではある。

「太平の一平民、酒盃の中に今日を楽しむ」
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/9011967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みつひめ at 2008-11-19 15:11 x
はじめまして。みつひめと申します。

慈恭さんの長唄がお好きとのこと。まだまだ、そういう方がいらっしゃって、心強く感じます(わたしも、慈恭さんの長唄が大好きなので)。
とはいえ、まったくの素人ですので、お書きになっていらっしゃる件については、なんとも申し上げられませんが・・・。

先年コロムビアの音源(それ以外もあるかも?)を使って発売された四世小三郎全集にも「都風流」は入っていないんですよね・・・。
Commented by tamon1765 at 2008-11-21 23:04
みつひめさん 初めまして
コメントありがとうございます。
慈恭さん好きの方と出会えて、私も嬉しいです。
これから宜しくお願いします。
一時期余り出歩かない生活をしていたので、以前、
久々に訪れた歌舞伎座の向かいのCD屋さん(店名
も分かりません)で、「小三郎全集」にビックリ。
そういうものが出たことも知らなかったわけでして。
山城のCD集にも驚きましたが、どちらも高いですね。
これから後の人生でゆっくり楽しみたいと思いながら、
大金持ちに成ったら買おう(涙)といった状態です。
これから、ゆっくりですが、外の慈恭さんCDについても
なにか感じたことを書いてみようと思います。

なお、私の都風流は、助六とのカップリングで、
「東芝EMITOCF-4004」当時2,000円でした。
Commented by tamon1765 at 2008-11-21 23:22
長唄好きの方へニュースです。

ハイビジョンステージ
11月22日(土)09:00~11:20 / NHKハイビジョン
▽芸の神髄・第二回「長唄・杵屋勝三郎・杵屋勝国」
出演:杵屋勝三郎 杵屋勝国 杵屋禄宣 宮田哲男 堅田喜三久
Commented by tamon1765 at 2008-11-22 10:09
「長唄・杵屋勝三郎・杵屋勝国」を聞き流しながら、雑事をしている
がたまに画面を見ると、横書きの長唄歌詞なので、これは困る。
そういえば、文化譜が横書きなのですよね、。。。。
吉原雀が。。。。
Commented by tamon1765 at 2008-11-22 17:35
まあ、横書きは困る、ということ自体横書きなので、
矛盾以外の何ものでもないわけですけど。
Commented by みつひめ at 2008-12-01 11:19 x
うっかり、見逃してしまいました・・・。当日、会場で拝聴したので、油断していたのかもしれません。

歌詞の横書きは、画面構成の都合もあると思います。横イチの画面には、横書き下イチの方が見た目のおさまりがよい、ということかと。
文化譜は、慣れると便利と言われましたが、未だに慣れません。
詞章が入ってこないんですよね、あれは・・・。

インターネットの横書きは、最初からそうだったので「そういうもの」と身体が反応しているようですが、小説や詩歌、能や邦楽などはやはり、縦書きじゃないと、違和感が拭えません。

ちなみに。わたしが所持している「都風流」は、tamon1765様がお持ちのものと、同じ音源です。
Commented by tamon1765 at 2008-12-02 00:21
みつひめさん どうもです。
>インターネットの横書きは、最初からそうだったので「そういうもの」
>と身体が反応しているようですが、小説や詩歌、能や邦楽などは
>やはり、縦書きじゃないと、違和感が拭えません。
ですよね。嬉しいです。

ええと、私の言う「横書き」とは、当日会場での電光掲示?、
ではなく、単なるテレビの字幕です。
NHK古典芸能鑑賞会でも電光掲示が出ていたらしいですが、
あの巨大ホールの最上階かr双眼鏡で三味線の手元ばかり
観ていたのでそのようなものが有ったことを後で気がつきました。

この放送は、今度の金曜日あたりでしょうか、楽しみです。
by tamon1765 | 2008-11-19 00:25 | 舞台の話 | Trackback | Comments(7)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧