宗旦さんの「橋の絵賛」

表千家お家元の伝来で
宗旦元伯の「橋の絵賛」の軸があります。

天共白雲暁
水和明月流

   (天は白雲と共に暁け、
   水は明月に和して流る)

相変らず、宗旦さんの字は私には読めません(苦笑)。
絵の方は、あっさりした橋の絵と、暁の雲でしょうか、
ささっと描かれています。それとも、雲でなく、水の
流れでしょうか。

お家元は、このお軸を、「天の動き水の流れ、それらは
大自然の運行のままに何の無理もなく進んでいるという、
厳しい人生に鍛えられた元伯の静かな心を表明するもの」
と書かれています。
大自然の運行のままと言われると、まず柳緑花紅という
言葉を思い浮かべますが、人に関して言えば余計な作為
のなさ、無事是貴人でしょうか。
既に、日付は変わっていますがそんな気持ちで今日一日
過ごしてみようと思いました。


写真とお家元のことばは、同門の平成19年10月号です。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/8833989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tamon1765 | 2008-10-27 00:30 | 宗旦さん | Trackback | Comments(0)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧