組合せの建水の拝見

組合せ点ての建水の拝見
今日始めて訪問したブログですが、
you*a*38さんの「海の月の独り言」という素晴らしい
ブログに刺激を受けて、思うことを書きます。

お題は、組合せ点ての建水の拝見です。
はっきり言って、私は一度もやったことは有りません。
さらに言うと、そういうことがあるという記憶もありません。
そもそも私の組合せ点てはあくまでお稽古であって、実際に
茶会・茶事でやったこともないからでしょう。
you*a*38さんと同じように、宗完宗匠(現宗心宗匠)の本
を開いてみました。
「建水は、本来は拝見に出すと言う道具ではない。」の一文に
チャッカリ線が引いて有りました(苦笑)。

なお、you*a*38さんも仰るように、起源に関しては、
コノ組合セハ江岑宗左、紀州候ヨリ瓶蓋ノコボシヲ拝領ノ時ニ、
初メテ用ヒラレタルコト也。コレソノ濫觴也

と引用されています。(「茶道小免八箇条」)

さて、ここからが、私の考えです。
現在、茶道をやらない人は「何故あんなに細かく手順が決まって
いるの? 意味あるのかしら? 美味しく出来て美味しく飲めば
それでいいのではないか」と考えているでしょう。
一方で、熱心な方は、誰が(正客かお詰めか)どこへ(拝見の
返す定位置か茶道口か)どのようにして返すのが宜しいかと、
追求されます。
ちょっと、ギャップが有り過ぎるかな、と私は感じるわけです。

このお点前、といいますか、所望された建水の拝見は、本来
有る事ではないと思います。何故なら、建水はゴミ箱です。
人の家へ遊びに行って、「おお、このゴミ箱いいねえ、ちょっと
よく見せて」というのは有り得ない。
殿様拝領の凄いもの----だから、せめて亭主席入り前に、点前
座へ飾る(つまりそれが組合せ)、ということではないでしょうか。

とすると、敢えて正客から拝見の所望を受けた場合、その
扱いはどうするのか、ということになります。
私の考えは、本来有りうべからざるものは、その時に対応すれ
ばよい。それも、失礼と粗相のないように。
そしてそのための、普段のお薄のお稽古ではないでしょうか。
ものの扱い、出す位置(お客とものと自分との距離のおきかた)
等、普段の稽古が身に付いていれば、何ら怖れることはない
のでは。その時に考えて動けばよいのではないかしら、
と思いました。

なお、以上、これはあくまでも一愛好者である私の個人的
な考えで、私の師の考えでも宗匠の考えでもありません。
(と言うより、お伺いを立てたこともないですし、どのように
 お考えかは存じ上げません。)
以上をご承知おき願います。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/8681880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tamon1765 | 2008-09-28 23:21 | お点前 | Trackback | Comments(0)

・・・


by tamon1765
画像一覧