如心斎の辞世

如心斎の辞世

宗旦さんの辞世を目にしてから、家元宗匠の辞世が気に
なりだしました。
中興の祖とも呼ばれる表千家七世の天然如心斎の辞世は、
現家元家に伝来しているということです。

生也天然
死也天然
畢竟如何
天然々々

辛未八月九日 左(花押)


とあるそうです。
どんなにか、己の名前を愛しその意味を味わっていたのか
が分かります。普通ですと、一種ナルシストかと感じてしま
いがちですが、この宗匠なればそんなものを超越した次元
であろうことに思い至ります。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/8544153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-08-31 08:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-08-31 08:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamon1765 at 2008-10-10 20:15
この也は、「なり」ではなく「また」と読むのが良いかな
by tamon1765 | 2008-09-02 22:50 | ことば | Trackback | Comments(3)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧