お茶の楽しみ

ネットをブラブラしていたら、初めて訪れた、好感の
持てるブログで、お茶の手順(書き方から拝見すると、
お点前以前と言う感じでした)を、何故こんな面倒な
ことをしなければいけないのかなと言った意味合いの
ことが書かれていました。
思わず、それは残念ですね。いつか面白いと感じられ
たらいいですね、といったコメントしてしまいました。
つい、余計なことを書き残してしまい、後悔しています。
言い訳を言いますと、お茶はこんな面白いものなのに、
知らないなんて、勿体無いなあ、と思ったからでした。

例えばこんなことを思います。
「サッカーは、何故、足でしかボールを蹴っちゃいけ
ないのか。手が使えないなんて、おかしい」と言って、
サッカーを見ない人が私の周りにいます。
そんなこと言われても、スポーツを楽しくやるために決めた
ルールなのだから、それを否定されても。。。。と思います。
でもそれ以上に、サッカーのあの面白さを知らないなんて、
残念だなア、勿体無いなア、と感じるわけです。

同じように、バイオリンを手にした人が、「何故、こんな
風に左肩に乗っけて顎で押さえつけて、右手の弓で、糸を
擦らなければいけないのですか?」と言わないでしょう。
もし言うような人がいるとしたら(そんな人いると思いま
せんが)、最初からやりません。

私は、お茶もそれと同じと思うわけです。

そしてそれ以上に、茶の湯って面白い。
但し、人がよく言うような、お茶は奥が深いだなんて、
言う気は無いです。
全てのことは極めれば奥が深いに決まっています。
お茶のみ奥が深いと言うのは、お茶をやる人の傲慢だ
と思っています。
私はお茶って良いなと思うのは、
・ ゲームのような勝ち負けが無いこと。
・ 音痴・リズム感が悪く(どちらも該当者は私)ても、
  楽器と違って続けていける。
からです。

もちろん、サッカーより野球が好きという人はゴマンといる
でしょうし、お茶より面白いと感じるものを持っている人は
数限りないです。
それはそれで幸せなことです。
お茶をやらずともそれをやればいいのです。
そして、今お茶をやっている人でも、お茶より大切なもの・
面白いものを見つけられれば、そちらに移っていいと思います。
囚われることは、お茶の否定することですから。
但し、人は食べることより好きなことが出来たと言っても、
食べることは止められないです。それと同じで、お茶を全く
棄てることはできないのではないかしら。
そんなことを思っています。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/8184287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たろう at 2008-06-27 17:25 x
面白く拝読しました。
Commented by tamon1765 at 2008-06-28 10:24
たろうさん 
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
学生時代、日本舞踊が大好きだったもので、私に
とって自分のするお点前は踊りと同じ感覚なのです。
ただ、踊りでは、人に理解されにくいかななと思い、
敢えてサッカーに置き換えて書いてみました。
いづれにせよ、自分の体を動かすことは、読書や
芝居見物と異なった能動性の高い面での楽しみも
ありますね。
by tamon1765 | 2008-06-23 23:57 | お点前 | Trackback | Comments(2)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧