八世観世銕之丞

芸能花舞台
「伝説の至芸・八世観世銕之丞の芸と素顔に迫る」

10月27日(土)13:00~13:45 / NHK教育

芸能花舞台◇高い芸格で戦後の能楽界をリードし、能の可能性を世界に広げた八世観世銕之丞さんの芸を振り返る。銕之丞家は江戸時代後期に観世宗家から分家を許され、五座の家元に次ぐ家格が与えられた。その8代目に当たる銕之丞さんは2人の兄とともに観世3兄弟と呼ばれ、戦後の混乱期にあっても流派を超えて芸を追求し、能楽の存在を世に知らしめた。それと同時に、古代ギリシャ悲劇や現代演劇にも積極的にアプローチ。新作能、復曲も数多く手掛けるなど、能の新たな可能性を追求する先駆者の役割を担った。演技では内面的な集中度の高い役で本領を発揮。さらに、切れ味やスピード感が必要とされる現在物、四番目物の能でも力を見せた。演目は「道成寺」「三山」「雷電」ほか。



以上、テレビ番組欄から

このような細切れではなく、まるまる一番見せて欲しいのですが......
「五座の家元に次ぐ家格が与えられた」のは、本当でしょうか。
その根拠は何でしょうか。
結果的に、最大流派の分家(No2)ということはありましたが、
どうなのでしょう。
若し事実ならば、「与えた」であろう将軍に関して知りたいです。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/6692537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tamon1765 | 2007-10-27 10:30 | 能楽を楽しむ | Trackback | Comments(0)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧