喫茶去

ご存知のように、禅というものは厳しく、禅語は難しい。
ちょうど私の部屋から見える霊峰富士山のようなもので、
大きく聳え、仰ぎ見るが、決して手の届かないものだ。

さて、標題の 『喫茶去 』 であるが、茶席でもよく目に
する言葉だ。
ところが、この言葉の意味に二通りあり、
そしてそれを無視するかのように世間に流布していることに、
不思議な感覚を感じることがある。

その意味とは、
      この場を立ち去れ
     修行をし直して来い
というのだ。
この場合、喫茶とは他所での修行のことのようである。




勿論、
    よく来たな、まあ、お茶でも飲んでいきなさい。
と読むという考えもある。
お茶室で目にするものは全てこれであり、相手方の気持ちを
思うと、「じゃ、寄せてもらおう、ゆっくりさせてもらおう」
と嬉しくなるし、当然のように腰を降ろす。

しかし、心の片隅で、つい私の中の天邪鬼が目を覚ます。
その度に、前者の意味で 「自らを省みることをせよ」 との
天の声なのだ、と考えるようにしてきた。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/5767925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from マナブならcocoガイド at 2007-09-01 16:28
タイトル : こんにちは
はじめまして(^0^) 突然のあいさつで大変申し訳ございません。 私たちは「自分磨き」のホームページを作っているものです。 自分自身のレベルアップのためにスクールや、レッスン、習い事等をチャレンジしてみませんか?  また、資格や検定といったコースの情報もあります。 毎日の生活に新しい1ページを!  もし必要でなければお手数ですが、削除されても構いません。 それでは、失礼致します。m(._.)m ... more
by tamon1765 | 2007-05-29 20:30 | ことば | Trackback(1) | Comments(0)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧