戸田宗寛 『 茶之湯 』

裏千家即日庵の先代戸田宗寛宗匠『茶之湯』講談社・昭和55年
に興味有る一節を発見しました。

それは、門人老婆の夏の趣向p152にあります。
著者が、父のお弟子さんの杉崎宗周さんという方の小田原のお宅を
訪れた話です。
 この方は、「噂によりますと、益田鈍翁氏の信頼厚く、たまには、
水屋も務めたりしたような関係」ということです。
もちろん、近代の茶人と言われる人は、基本的に人にお願いして
お手伝いをやって貰っているのが当然なのでしょうが、このように、
水屋を務めた方がはっきりしているのも興味深いです。
そういう方にもっともっと多くを語って欲しいと思います。

ところで、この本は、読み返せば読み返すほど、深い本です。
この著者の人物の大きさを感じます。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/4594310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tamon1765 | 2001-08-28 13:04 | 近代の茶人 | Trackback | Comments(0)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧