川上宗順さん

 昔の東京では不白流が盛んで、偉い先生がいたというお話しです。
その方の名は、川上宗順です。

 林左馬衛先生の本 『 茶道史の散歩道 』 を開いてみました。
その本には、宮崎晃蓮さんの言葉で、
  「(明治・大正時代の東都では、)宗偏流も遠州流もありましたが、
   不白流ほどお盛んではありませんでした。」(偏はぎょうにんべん)
とあり、林先生自身 「お茶の先生では、浜町のほかに、どんな方
がたがきこえておられたのですか。」 と質問されています。
 つまり、浜町さん(不白流の川上宗順) を当時の有力な茶の宗匠と
見なしているということになります。
そして、その弟子として、「馬越恭平、三井さん、益田さん」 が挙げ
られています。
三井誰か?、益田兄弟のうちの誰か?は今後の課題にするとして、
近代のお茶を担った、大物ばかりではないですか!

さて、『 馬越恭平翁伝 』(昭和10年発行)を見ると、川上宗順を
ちゃんと自分の先生として遇し記載しています。曰く、
 ・当時東都茶界に指導的大勢力を有していた川上宗順宗匠が、旧習に
  泥んで容易に名器を使用する事を許さず、門人中に名物茶器を購入
  せんとする者あれば頻りにこれを諫止した。(p339)
 ・江戸千家流にして一種の見識を持し、茶礼の教授方が極めて厳格で
  あった。(p346)

  ちなみに、林先生の本の中で、宮崎晃蓮は川上宗順を
 ・人が立派な方で、九州と四国にも流儀をひろめられ、遺跡がいくつも
  残っています。(p147)

これらの話しから、見識を有し、弟子から慕われる宗順先生、単なる
道具茶の実践を許さない方のようです。
偉い方だったのでしょう。

ところで、私と流儀違いとはいえ、お名前を現在ではあまり伺うことが
無いのがちょと寂しい気がします。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/4593129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tamon1765 | 2001-08-17 03:24 | 近代の茶人 | Trackback | Comments(0)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧