五徳の由来

フトこんな話しを思い出しました。
(詳しい話しは忘れましたが.....)

   *****

 昔々、あるところに一匹の犬がいました。
また、片足の人(あるいは、生き物)がいて、たいそう困っていました。
その犬は、困っている様子を見て、神様に、
 「私は足が四本あって、一本無くなっても、それ程困らないだろう。
この一本の足をあげたいものだ」
と発心しました。

 神(八百万の神のどなただったやら...)は、この心を有り難く
受け入れ実現しました。
 そして、神様は、その犬に
 「おまえは、足は一本減って、三本足となった
  が、その徳は一つ増えたので五徳と呼ぼう」と。

その犬が今の五徳となって、永遠のものとなった。

   *****

というウソのような話しなのですが、若い時に読んで、感心しな
がらも、読み流してしまいました。
何という本で誰が書いたものなのかちゃんと書き留めておかな
かったことが悔やまれます。



<23.2.1>題名を、「語源」から「由来」に直しました。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/3865191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-12-15 11:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tamon1765 | 2001-02-28 23:08 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(1)

気ま~まな独り旅


by tamon1765
画像一覧