お詫びと訂正「源氏窓の蓋置」


116日に書込みした「源氏窓の蓋置」に間違いがありました。

間違いをお詫びし、全文削除させていただきます。

訂正の上、改めて記事を掲載します。

「源氏窓」という名の弘入造の蓋置を使いました。

ベースは、つくね型(いやもっと薄い繊細な作品でした)

の赤楽をイメージしてもらえばいいでしょう。そこには

絵が施され、正面に花頭窓が描かれています。一方、円筒の

反対側の上方向には、丸い穴が開いています。窓部分は

透けた作りではないですが、この窓を通して月を眺めると

いう心なのでしょう。


源氏窓という言葉は、今回初めて聞く言葉であり、手元の

事典には記載はありません。

ネットの辞書を見ると、あっさり、「花頭窓。火灯窓。

唐様の上部が尖頭アーチ状の窓。」といった様にあります。


とするならば、近江の石山寺ということなになります。

紫式部が花頭窓越しに月を眺めている図。

濡れ縁の元には薄が見える、そんな絵柄があります。

そして、現実に、石山寺の本堂東側に張り出して、「源氏

の間」という紫式部が源氏物語を執筆した部屋があると

いいます。

それがまさに、花頭窓、いやいや源氏窓。

Webで検索すればその写真も見られます。



[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/23906747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tamon1765 | 2015-11-26 22:25 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(0)

・・・


by tamon1765
画像一覧