五徳の起源


表題の件、下記の本による情報です。

 三ツ足の鉄輪は、「自在徳、熾盛徳、端厳徳、

 名称徳、吉祥徳、尊貴徳」の六徳を有す。

 しかし、自在鈎が出来たことにより、自在徳が

 除かれて五徳になり、それを名称とした。

というものです。


但し、私には、

1.自由自在に使えるよ

2.火を盛んに起して使えるよ

は、鉄輪の性質として理解できますが、

  3.「端厳」は言葉としてまず不明。

  4.いい名前だよ

5.お目出度いよ

6.高貴な人(もの?)を敬うよ

が何故、この鉄輪に該当するのかが、分かりません。


ネットで探すと、この六徳は、

  山田宗偏の「茶道要録」によれば、仏書に

云々、と見出せましたが、仏書というのがあやしい。

何故、「**経」と明示出来ないのかしら?

もっとも、私は、六徳という考え自体、仏教では

なく儒教の考えかと思っていました。


さて、鉄輪は、自在鈎が出来る前は、五徳ではなく

六徳と呼ばれていたという話も聞かないです。


ということで、スッキリするまで相変らずの遅々
たる歩みです。

なんだかいつも堂々巡りをしているようで、

嫌なんですけど・・・・・・

オチとしては、五徳はやっぱり加減乗除の世界に

あるってことですかね(笑)


裏千家茶道教本器物編
2「釜と炉・風炉」S41、p146


過去の書き込み

 五徳の由来

 五徳への連想


[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/23903825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tamon1765 | 2015-11-25 22:21 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(0)

・・・


by tamon1765
画像一覧