鈍翁さんの、お茶の作法に関する考え

「お茶の作法なんていうものは、せいぜい、

徳川初期あたりにできたものだから、そんな

定めにしたがう必要はない。定めにしたがわ

なくてもお茶はたてられる」

桑田忠親による、鈍翁の言葉です。

但し、「こんな言葉があります」と書いています

ので、直接本人からの言葉かどうか不明です。

二人の出会いはあったか考えてみると、

鈍翁益田孝(184811月 ~ 193812月)

桑田忠親(190211月 ~ 19875月)

鈍翁が亡くなる時は、桑田は36歳。なんとも微妙ですね。

桑田が歴史学者として名を成すのは、もっと後で

しょうから、ここでは直接の聞き取りではなく伝聞

あるいは書き残したものからの引用ということに

しておきましょう。


また、桑田は、「(鈍翁は、)自分勝手に、融通無碍、
自由
自在なお茶をやったらしいです。」とも書いています。

まあ、私が思うに、この時代のこれら大物は精神の

自由人でしょうから、冒頭の発言も頷なるかな、です。


さて、過去に鈍翁が、お茶事を行うにお手伝いを頼んだ

という記事を書きました。有名な料理人を連れてこない

ところがいいですね。


[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/23246923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-06-10 14:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tamon1765 | 2015-06-05 14:17 | 近代の茶人 | Trackback | Comments(1)

気ま~まな独り旅


by tamon1765
画像一覧