稽古ヲスル時殊之外わるく成りたると思う事有リ

不白筆記の超訳:

稽古していると、なんだかとっても下手になったと感じることがある。

これは、上のレベルへ上がるステップだね。

そのわけは、稽古をしていて心のままに動けたときなのだけど、

心のままに動けるようになると、そのまた上を願うようになる。

その思ったとおりに稽古をやっていくと、又下手になったように

思ってしまう。稽古を一生懸命やって、何で下手になることがあろうか、

そんなことあるわけがない。

この下手になったように感じる心境は、充実しているときの心境なのだ。

とにかく、稽古を進めていけば、何度でもぶつかることなのだ。

悪い教育者は、こういうことを心得てないために、生徒の成長が
止まってしまうものだ。

<26.11.2>タイトルを訂正


[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/22524961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-10-29 22:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tamon1765 | 2014-10-29 20:20 | 川上不白さん | Trackback | Comments(1)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧