花月と数茶


不白筆記の超訳です。
  **

花月の対極は、数茶だね。且茶は、その真中さ。
というのも、花月は訓練という意味だし、数茶は茶の湯の心を
表現したものだよ。とは言っても、花月も数茶も偏り過ぎだから、
二つを一緒にした且茶が中道の茶の湯だね。
且茶のやり方の訓練はまさに花月のようだし、心がけは数茶の
ようだね。
こんなふうに裏表があるのも、練習と、茶の湯の心を、花月と
数茶の二つで知ろうってことさ。
数茶のようにのんびり練習をしてちゃダメだし、花月のように
ゲーム感覚の心じゃダメだね。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/22126826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tamon1765 | 2014-06-19 23:56 | 川上不白さん | Trackback | Comments(0)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧