桜が路地の主


路地に桜木ある時は桜の花を必ずいける。
口伝、有楽の歌。
我もまたここに詠めん山桜けふの主の花に任せて

(有楽流秘書)

桜の木は花の咲いている時は、庭の第一の主であり、
その時は茶室の中でもそれを楽しむがよいのであろう。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/21544639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tamon1765 | 2014-01-02 21:59 | ことば | Trackback | Comments(0)

・・・


by tamon1765
画像一覧