美術館を残した方

美術館を残さなかった方:
 鈍翁益田孝、狸山団琢磨、箒庵高橋義雄、化生馬越恭平
 松翁安田善次郎、耳庵松永安左衛門
美術館を残した方:
 三渓原富太郎、**藤田伝三郎、鶴彦大倉喜八郎、
 青山根津嘉一郎、 得庵野村徳七、香雪村山龍平、
 滴翠山口吉郎兵衛、 春翠住友吉左衛門、鶴庵嘉納治兵衛、
 逸翁小林一三、即翁畠山一清、古経楼五島慶太、

その収集品が藤田美術館となった、藤田伝三郎の号は、香雪、
芦庵、網川などと云う。一瞬、香雪美術館は朝日新聞の村山の
はず・・・と頭の中が混乱。ということで、あえて、藤田伝三郎に
ついては、**としました。
他の方も、複数の号をお持ちであり、ここに書いたもので限定
されるわけではありません。

なお、美術館を造らなかったからと言っても、良し悪しの意味
合いではありませんので、念のため。
公立美術館に寄贈した方もいますし、逆にご本人ではなく
ご遺族が美術館にされた方もいます。
ただ私の覚えとしての記録です。

きっかけは、太陽no.231「日本経済を築いた数寄者たち」
1982.1.12発行、から。

ところで、この雑誌、探している時に見当たらず、今頃になって
出て来た。整理できていない部屋には困ったものである。


<25.1.6>一部書き足しました。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/17846629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-04-25 10:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tamon1765 | 2012-04-23 22:28 | 近代の茶人 | Trackback | Comments(1)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧