棗の実

棗は、もっとも一般的なお薄器として、お茶に興味の
ある方には近しいものです。
しかし実の処、私はよく知らなかった。
そういう実があるらしい、といった程度。

しかし、今は、多様化、グローバル化?の時代。
いろいろなものが商店に並んでいます。
ちょっと気にすれば、すぐに、ドライの棗を求める
ことが出来ます。
中国産と聞いて、危惧する向きもあるかもしれませんが、
まあ、そこは気にしない気にしない。
実際に自分で扱えば、また棗というものに情も深まると
いうものです。

e0024736_12401975.jpg

クコの実と共に求めて、出来たものが、
棗酒。
1ヶ月程度で琥珀色の良い色合いのものが出来ます。
梅酒などに割ってもいいでしょう。






e0024736_12405794.jpg
そのまま呑んでいると、ある時、何かの味を思い出しました。考えた結果、この味は養命酒に似ています。
確かにナツメもクコの実も漢方薬としても重宝されていたと思います。



e0024736_1241236.jpg

なお、コースターは、宇治の万福寺で頂いてきた
雲板型のコースターです。
黄檗山と読めます。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/10956663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たろう at 2009-08-28 18:04 x
雲板コースターかあ!…ステキですね
Commented by 山桜 at 2009-08-29 18:33 x
ナツメの木はその名の通り、他の木々からずっと遅れて夏の声を
聞く頃に芽吹くので、枯れてしまったのでは?と毎年はらはらします。
(余所のお宅の木なんですけれど^^;)
子供の頃、柳のように垂れ下がった枝からもぎ取って食べた記憶では、
リンゴに似た味と香りでした。 真ん中に大きな種があるので殆ど
食べられる部分が無いのですが…

似た果実のナツメヤシのドライは、干し柿みたいな味で食べるところも
多くて美味しいですね。
Commented by tamon1765 at 2009-09-04 12:29
たろうさん
ありがとうございます。
自分でも気に入って朝晩使っています。
Commented by tamon1765 at 2009-09-04 12:32
山桜さん
ああ、「夏の芽」なのですか?

あれ、そんな風に言われれば、子供の頃口にしたような
気もしてきました。
子供の頃の、薄ぼんやりした危うい記憶が広がり、
懐かしさを感じます。ありがとうございました。
by tamon1765 | 2009-08-25 02:38 | お道具とお茶室 | Trackback | Comments(4)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧