憧れの果物、まくわ瓜についに遭遇

以前話題にしました、大燈国師も好んだという
まくわ瓜」をついに食する機会に恵まれました。
入荷元は、国立ファームです。(地名の「くにたち」で
あって「こくりつ」ではありません。念の為)

e0024736_2012728.jpg


わたしには、「こりゃあメロンですね」というお味で、
とっても美味しかったです。

なかなか無いものと思っていましたが、新潟県の稲作農家
では先の戦さの前後に、各農家で生産し食べていたとの情報
も得ました。きっと、日本各地で育てられていたのでは
ないでしょうか。

e0024736_18414534.jpg


わたしの求めたものは、大きさ15cm程度。380円でした。

ところで、メロンといえば、岡倉天心さんの話。
赤倉の別荘に、温泉を引き、その温泉熱を利用した温室を
作ったそうです。そこで、カルフォルニアのメロンを栽培した
とのこと。本人は 「美味い、美味い」 と食べたが、家族や近隣
の人は 「なんて変な味だろう」 と首をかしげたそうです。
本人は、「高田まで持っていって売ろう」 とまで思ったそう
ですが、ぐいぐい我を通す天心らしいではないですか。
もしそれが実現していたら、日本人のメロンの嗜好も微妙に
違っていたかもしれませんね。
この話はお孫さんの古志郎さんによります。


<21.8.25追記>友人の話しでは、韓国ではチャメといって、
5ケが300円程度で買えるそうです。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/10946789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 山桜 at 2009-08-29 18:45 x
子供の頃、祖母はメロンのことをすべてマクワ(真桑)と呼んでいました。
プリンスやらエリザベスやらキンショーやら、多分マクワウリの血を引いた
品種でしょうね。
Commented by tamon1765 at 2009-09-04 12:36
あっ、そうですか。
真桑ですか。
とかく植物図鑑はカタカナ名なので、心に残りませせん。
それで、私は漢字を横に書いたりするのですね(笑)。
品種のかけあわせについては、前の書き込みをご覧下さい。
by tamon1765 | 2009-08-23 21:38 | 雑談 | Trackback | Comments(2)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧