箒庵高橋義雄さんの名前の読み方

箒庵高橋義雄さんをどうお読みするでしょうか?

私は初めは「ソオアン」と発音していましたが、或る時から
「ホオキアン」と読んだほうがいいのではないかと考えて
そのようにしてきました。

ところで、写真図版で、ご本人の書かれたものを目にしました。

 ちる花も紅葉もはきて春秋のあはれをしるは箒なりけり

とあり、やっぱり「ホオキアン」でしょうと思いました。
ある種自己陶酔が入っていますが、なかなか良い歌ではない
でしょうか。

話換わって、荷風全集をめくっていたら、興行会社の松竹を、
荷風先生は「マツタケ」と呼んでいるのですね。
おもわず、微苦笑です。

名前の読み方って難しいですね。



<26.1.18>追記
淡交社の雑誌「なごみ」1986年2月号を眺めていたら、
音羽の護国寺の箒庵の床に掛けられた自筆和歌の写真を
見つけました(P20)。
以前この記事を書いた時、自筆の写真図版を目にしたと
ありますが、ちゃんと記録しなかったことが悔やまれます。

<24.8.7>追記
箒庵自身の「箒のあと」(上p413)によりますと、
・麹町の自宅に、大徳寺寸松庵の茶室(三畳台目)を移築!し、
 新しく、東山西翁院の淀見の席(三畳)を模造した。
・自宅の庭の景色に、塩原の箒川を写した。元々は箒庵は水戸藩
 出身なので、近県の塩原は近しい場所であったことが想像される。
・新茶室を箒川庵と名付けたが、3字では納まりが悪いので、2字
 とし、いつしか雅号になった。
・上記の箒庵の和歌は、常磐会という歌会(山縣有朋主宰)で、
 詠題「箒」の際に詠んだ歌。選者宗匠は4名いて、うち一人が
 井上通泰博士。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/10824539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-02-12 16:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamon1765 at 2014-02-13 15:12
秘密のコメント様 はじめまして
コメントありがとうございます。
戸田勝久先生も、と伺うと心強いです。
塩原の箒川も「ほうきかわ」ですものね。
私としては、護国寺茶道文化圏とでも云うべき
ものを作ってくれた箒庵さんには感謝です。

すみません未公開コメントでした。
あわてて名前を直させていただきました。
by tamon1765 | 2009-08-10 12:35 | 近代の茶人 | Trackback | Comments(2)

気ま~まな独り旅


by tamon1765
画像一覧