天心はハイデガーの先生

マルティン・ハイデガーに、“Inner-Weltlich-Sein”
世界内存在という概念があるが、なんとこれは、
天心の“being in the world”(「茶の本」)
を取り入れたという説があるという。
もしそうならば、天心はハイデガーの一字の師ならぬ、
一概念の師ではないか。
それもハイデガーにとってキーとなる概念の!
ということになる。
なかなか愉快だ。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/10782408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-08-26 20:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tamon1765 | 2009-08-05 23:57 | 天心岡倉覚三さん | Trackback | Comments(1)

気ま~まな独り旅


by tamon1765
画像一覧