高崎の水琴亭

先に、ご縁あって、高崎の水琴亭を見学して来ました。

訪問するまで、私の好きな、仰木魯堂さんと藤井喜三郎さん
の関わったものとは知りませんでした。
新緑の、既にうっそうとしたこの庭は、別世界の趣であり、
その中から去ることがためらわれます。

庭園内には、水琴亭、而生庵、月見台、艸居庵と、
建物が木立の中に静かに隠れています。
e0024736_18485132.jpg

ところで、藤井喜三郎さんの著作は『艸居庵記』ではないか!
と気が付きました。
とすると、艸居庵こそ藤井さんの代表作でしょうか。
残念ながら、こちらは中へいることは出来ませんでしたが、
またいつの日か訪問する楽しみが出来ました。
e0024736_1850379.jpg



久々に『艸居庵記』を開いて、魯堂さん藤井さんを偲ぼうと思います。


<追記>高崎と書きましたが、正しくは、群馬県吉井町とのことです。
      写真は、HPから引用させていただきました。
[PR]
トラックバックURL : http://teabowl.exblog.jp/tb/10218693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 夢庵 at 2009-05-12 08:28 x
調べてみました。
大学の中の施設なのですね。
贅沢なものだと感心しました。
ご紹介いただき有り難うございます。
機会があれば行ってみたいものです。
Commented by tamon1765 at 2009-05-12 12:14
お久しぶりです。
6/3に、戸田勝久さんの記念講演会があるそうです。
東大の学術博士号を授与されたとのことです。
by tamon1765 | 2009-05-11 12:42 | 近代の茶人 | Trackback | Comments(2)

気ま~まな独り旅


by tamon
画像一覧